ジャポニスムの旗手、ホイッスラーの回顧展

2015年 2月 10日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3章『ジャポニスム〜日本の美に魅了されて創出した新たな美』
19世紀後半から20世紀初頭にかけて、西洋の多くの芸術家たちを魅了し、彼らの新しい造形表現の原動力となった日本の美術・工芸作品。ホイッスラーも浮世絵や工芸品などの日本美術からインスピレーションを得た画家のひとりである。ホイッスラーにとってのジャポニスムは、単なる造形表現の模倣やエキゾティシズム(異国趣味)にとどまらず、彼が唯美主義者としてオリジナリティを確立させるための重要な要素であった。本展ではホイッスラーが影響を受けた浮世絵も展示。大英博物館所蔵の歌川広重『名所江戸百景』のうち《京橋竹がし》安政4年(1857)などが展示されている。

「芸術のための芸術」を追求したホイッスラーのジャポニスムは、「ノクターン」という音楽的なタイトルで表された一連の風景画においてある一定の完成をみる。《ノクターン:青と金色─オールド・バターシー・ブリッジ》や《青と銀色のノクターン》は、その中でも最も洗練された代表作である。

テムズ川岸から上げられた花火を背景に、木製のオールド・バターシー・ブリッジがシルエットのように浮かび上がる《ノクターン:青と金色-オールド・バターシー・ブリッジ》。見上げるように橋をクローズアップした構図や、青を基調とした色彩のグラデーションには、歌川広重『名所江戸百景』《京橋竹がし》からの影響が見られる。

《ノクターン:青と金色-オールド・バターシー・ブリッジ》
1872-75年 テート美術館/©Tate, London 2014

Related article

  • フォトギャラリー:「オルセー美術館展2010」の舞台裏(3)
    フォトギャラリー:「オルセー美術館展2010」の舞台裏(3)
  • 建築家、ボジェック・シーペックを知る
    建築家、ボジェック・シーペックを知る
  • 見どころ教えます、まもなく開催「デザインタイドトーキョー」
    見どころ教えます、まもなく開催「デザインタイドトーキョー」
  • 六本木アートナイト、ヤノベケンジ「ジャイアント・トらやんの大冒険」
    六本木アートナイト、ヤノベケンジ「ジャイアント・トらやんの大冒険」
  • 「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
    「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
  • 吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)
    吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 2
    あのクリエイターに今、ききたいこと。坪井浩尚さん/プロダクトデザイナー
  • 3
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 4
    錦織圭、闘魂の赤を語る。タグ・ホイヤーの日本限定モデル”Air-K”。
  • 5
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 6
    【特別インタビュー】美容室assort KEN KOBAYASHI × MOROCCANOIL
  • 7
    フォトギャラリー:フェラーリ「599XX」日本初公開
  • 8
    夏に涼しく美しい、新・日本の名作椅子「イリス」
  • 9
    Bang & Olufsenの新型液晶テレビ「BeoVision 8」
  • 10
    スウェーディッシュ・ファッションの現在

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加