作家、映画監督と数多くの顔を持つ、大宮エリーの絵画

2015年 2月 7日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告代理店でCMプランナーとして活躍後、独立して映画監督デビュー、舞台の作演出、テレビの脚本、作家としての活動、そしてラジオパーソナリティー。一言でとても語れない才能の持ち主、大宮エリー氏。そんな彼女の初の大絵画展「emotional journey −大宮エリー 初の大絵画展—」が代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラムで、2月3日から開催されている。

赤い女の子 Ellie Omiya, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

展覧会を手がけるのは、数々の才能を発掘してきた小山登美夫ギャラリーだ。多才としか言いようのない大宮エリー氏だが、展覧会のために制作されたいくつもの巨大な絵は、観客の前で描かれたものもあれば、深夜の展覧会場で一人で一気呵成に描き上げたものもある。

花顔 2013 ©Ellie Omiya

今回の展覧会に出展されている「赤い女の子」と「A DIRECTION」は、2013年にGYRE(ジャイル)の依頼で愛の部屋をテーマとして制作したもの。壁一面に溢れ出るような真っ赤な絵は、大宮エリー氏がハワイ島で赤いマグマから感じとったイメージだという。「上手く描くということには興味はない、それより、存在や景色から感じた気やパワーを転写したほうがいい」と大宮エリー氏は言う。

A DIRECTION ©Ellie Omiya

Related article

  • フォトギャラリー:「名和晃平─シンセシス」
    フォトギャラリー:「名和晃平─シンセシス」
  • フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • 今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • 神秘なる繊維、大麻。<麻世妙majotae>プロジェクト、始動!
    神秘なる繊維、大麻。<麻世妙majotae>プロジェクト、始動!
  • バンコクから世界へ。20周年のマンゴツリーが横浜に
    バンコクから世界へ。20周年のマンゴツリーが横浜に

Prev & Next

Ranking

  • 1
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 2
    “華”のある男靴、ルイ・ヴィトンの新作
  • 3
    ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
  • 4
    250周年を迎えたバカラより、涼しげな日本限定グラスを
  • 5
    ビブリオファイル Cruising 5月のおすすめ
  • 6
    エスティ ローダーの先端エイジング「シワ対策モイスチャライザー」
  • 7
    【動画】シャネル2014年 春夏プレタポルテコレクション
  • 8
    建築家・辰野金吾の建物を再生した「DEAN & DELUCA京都」
  • 9
    自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
  • 10
    Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加