『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

作家、映画監督と数多くの顔を持つ、大宮エリーの絵画

2015年 2月 7日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告代理店でCMプランナーとして活躍後、独立して映画監督デビュー、舞台の作演出、テレビの脚本、作家としての活動、そしてラジオパーソナリティー。一言でとても語れない才能の持ち主、大宮エリー氏。そんな彼女の初の大絵画展「emotional journey −大宮エリー 初の大絵画展—」が代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラムで、2月3日から開催されている。

赤い女の子 Ellie Omiya, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

展覧会を手がけるのは、数々の才能を発掘してきた小山登美夫ギャラリーだ。多才としか言いようのない大宮エリー氏だが、展覧会のために制作されたいくつもの巨大な絵は、観客の前で描かれたものもあれば、深夜の展覧会場で一人で一気呵成に描き上げたものもある。

花顔 2013 ©Ellie Omiya

今回の展覧会に出展されている「赤い女の子」と「A DIRECTION」は、2013年にGYRE(ジャイル)の依頼で愛の部屋をテーマとして制作したもの。壁一面に溢れ出るような真っ赤な絵は、大宮エリー氏がハワイ島で赤いマグマから感じとったイメージだという。「上手く描くということには興味はない、それより、存在や景色から感じた気やパワーを転写したほうがいい」と大宮エリー氏は言う。

A DIRECTION ©Ellie Omiya

Related article

  • 三宅一生×深澤直人×佐藤 卓、安藤忠雄インタビュー
    三宅一生×深澤直人×佐藤 卓、安藤忠雄インタビュー
  • 誰も見たことのない東京の風景を切り取った写真集
    誰も見たことのない東京の風景を切り取った写真集
  • 印象派革命の引き金を引いた、エドゥアール・マネ
    印象派革命の引き金を引いた、エドゥアール・マネ
  • この夏行くべきアートスポットは「犬島」
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • ナディッフが「NADiff A/P/A/R/T」として再オープン
    ナディッフが「NADiff A/P/A/R/T」として再オープン
  • 開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
  • 3
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 4
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 5
    お家で作る、大人のためのアイスキャンディー
  • 6
    イタリアの家具ブランド、フレックスフォルムの新作
  • 7
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 8
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • 9
    ポルシェ新型グランツーリスモ「パナメーラ」初披露
  • 10
    フォルクスワーゲン・ポルシェ「VWポルシェ 914」が誕生40周年

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加