『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ホンマタカシ「Chandigarh」|さまざまな関係性を写し出すイメージ

2015年 2月 17日 08:10 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

青山のCoSTUME NATIONAL・LAB・で、写真家ホンマタカシ氏のエキシビション「Chandigarh」が開催中だ。


チャンディガールとはインド北部に位置する都市で、スイスが生んだ近代建築の巨匠、ル・コルビュジエが実現した唯一の都市計画の舞台である。ホンマ氏はこれまでも都市や建築をテーマにした作品を数多く発表しているが、今回はコルビュジエ作品の中でも地理的に周縁的なものでありながら、もっとも重要な作品と、その舞台となったインドの都市の風景を独自のコンセプチュアルな視点で切りとった。


ル・コルビュジエは、戦後すぐに着手されたチャンディガールの新しい建築顧問に1951年に就任すると都市計画に着手。本展のテーマであり、被写体となっている、当初46のセクターで計画されたチャンディガールの第一セクターと呼ばれるエリアに位置し、首都機能をになうキャピトル・コンプレックスの建築群などを、協働者である従弟のピエール・ジャンヌレらとともに次々と設計する。 生涯に60以上の建築を世界各国に残したル・コルビュジエだが、本国スイスやアトリエのあるフランス以外では、1955年前後に、このインドの地に多くの建築を残した。

Related article

  • ミラノサローネ2010、キヤノン「NEOREAL」レポート
    ミラノサローネ2010、キヤノン「NEOREAL」レポート
  • アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
    アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
  • 建築家デイヴィッド・チッパーフィールドによるアレッシィ新作
    建築家デイヴィッド・チッパーフィールドによるアレッシィ新作
  • 今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
    イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第8回「ヴァーヴ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    マネのミューズで在り続けた、女流画家ベルト・モリゾ
  • 3
    丸の内の歴史と魅力に迫る「一丁倫敦と丸の内スタイル展」
  • 4
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 5
    【本日、ライブ中継】ルイ・ヴィトン 2013-14秋冬 メンズ・コレクション
  • 6
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 7
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 8
    世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
  • 9
    プラチナで至高の肌へ、ラ・プレリーの「クリームP.Tレア」
  • 10
    今週末見るべき映画「リアリティのダンス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加