今週末見るべき映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

2015年 2月 21日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリス、ロンドン在住の主婦ELジェイムズが、ネットで小説を書き、これを基に小説を刊行する。「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」と「フィフティ・シェイズ・ダーカー」、「フィフティ・シェイズ・フリード」の3部作である。アメリカの女子大生アナスタシア・スティール、通称アナが、若くして成功を収めた実業家クリスチャン・グレイにインタビューしたことから、二人は惹かれあう。やがて、若き実業家の倒錯した「性」の秘密が明らかになっていく。


ソフトなタッチの、いわばポルノである。一般女性の夢や願望、秘めていた性への欲望が、巧みに綴られ、ここに実業家の歪んだ嗜好が加味される。2012年、アメリカでの出版以来、世界じゅうで翻訳され、この3部作の部数は合計1億部という。日本でも、早川書房から刊行され、第1部の「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は、単行本で上・下2巻、文庫版で上・中・下の3巻である。この騒がれた小説を、2年ほど前に、単行本で読んだことがある。

これは、女性には大受けだろうと思った。ソフトなSM描写、大富豪の瀟洒な生活描写もさることながら、小説のあちこちに登場する車、パソコン、クラシックやオペラ、フランク・シナトラからポップス音楽、映画、小説、ファッション、酒などなど、いかにもと思わせるネタばかりが、まさに適材適所、絶好のタイミングで登場してくる。

なにしろ、グレイは容姿端麗で教養豊かなお金持ち、クルーザーを保有し、グライダーを操縦する、ピアノの腕も達者。女性なら、こんな男と出会いたいと誰しも思うに違いない。当然のように、映画になる。とりあえずは、シリーズの第1部、原題そのままの「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(東宝東和配給)である。


映画の見せ場のひとつが、グレイとアナの性描写である。SM描写はソフト、嫌悪感は覚えない。男性が見ても、若い女性の心理、生理がきちんと描かれていて、分かりやすい。すでに、「エマニエル夫人」のシリーズや、ミッキー・ローク主演の「ナイン・ハーフ」、ラース・フォン・トリアー監督の「ニンフォマニアックVol.1、Vol.2」(イズムで紹介)などをご覧になった方には、格別、過激で異常な描写ではない。

Related article

  • 今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
    今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
  • 国際的に注目を集める、コンセプチュアルアートの展覧会
    国際的に注目を集める、コンセプチュアルアートの展覧会
  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 瑞々しい若手100人超のアーティストが描く「羊がいっぱい!」展
    瑞々しい若手100人超のアーティストが描く「羊がいっぱい!」展
  • 未来よ こんにちは 【今週末見るべき映画】
    未来よ こんにちは 【今週末見るべき映画】
  • 19日から恵比寿映像祭開幕、テーマは「歌をさがして」
    19日から恵比寿映像祭開幕、テーマは「歌をさがして」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    フォトギャラリー:iida発表会、深澤直人デザイン「PRISMOID」
  • 3
    世田谷通り沿いに、三軒茶屋エリア4拠点となるオブスキュラ「Obscura Mart」オープン
  • 4
    MoMA Design Storeが初上陸、表参道GYREがオープン
  • 5
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザイン「iida X-RAY」
  • 6
    三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕
  • 7
    フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
  • 8
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 9
    閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
  • 10
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加