今週末見るべき映画「アメリカン・スナイパー」

2015年 2月 20日 13:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Story】
狙撃手が銃を構えている。女性と子供が家から出てくる。女性は、何か隠し持っている。それが対戦車手榴弾と分かる。近くには、狙撃手が援護している戦車や、兵士がいる。その場の判断で、狙撃手は女性を射殺する。子供が手榴弾を拾って、戦車に向かう。狙撃手が引き金を引く。

テキサス。鹿を狩る親子がいる。1998年、クリスという子供は成長し、タンザニアやケニアのアメリカ大使館の爆破事件をテレビで見ている。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、新兵の募集を見て、ネイビー・シールズに応募する。泥水のなかの行軍、ホースの放水、荒波に打たれ、ビーチを走る。厳しい訓練が続く。クリスは、訓練中のひととき、バーでタヤ(シエナ・ミラー)と出会う。射撃の訓練が始まる。テキサス生まれ、幼い頃から銃の訓練をしていたクリスは、見事な射撃を披露する。

2001年、9・11テロ。クリスとタヤは結婚する。アメリカの報復が始まる。クリスの1回目の派遣が決まる。イラクのファルージャで、海兵隊を守るのが任務である。クリスは、車ごと突入を諮ろうとする敵を射殺する。クリスは、次々と敵兵士を射殺し、いちやく有名になる。敵にも、ムスタファという優秀なスナイパーがいて、すでに多くのアメリカ兵が狙撃されている。


アルカイダのナンバー2と言われているザルカウィを狙うことになる。傭兵5千人を抱える大物だ。民家など建物をすべて捜索する大がかりな作戦である。ザルカウィの用心棒が存在することしか、手掛かりが得られない。妊娠中のタヤとの電話で、生まれてくる子供が男の子と分かる。クリスたちは、敵のスナイパー、ムスタファの働きで、用心棒を逃がしてしまう。


3週間の派遣から、クリスは一時帰国する。クリスは、子供が生まれたにも関わらず、自宅のテレビで、ムスタファがアメリカ兵を狙撃する映像を見続けている。タヤは、「心も戻ってほしい」とクリスに懇願する。

Related article

  • ナディッフが「NADiff A/P/A/R/T」として再オープン
    ナディッフが「NADiff A/P/A/R/T」として再オープン
  • プーマが3日間限定で「人間自販機パフォーマンス」
    プーマが3日間限定で「人間自販機パフォーマンス」
  • 陶作家ルーシー・リィーなど「U-Tsu-Wa / うつわ」展が開催
    陶作家ルーシー・リィーなど「U-Tsu-Wa / うつわ」展が開催
  • "世界を変える"第15回東京フィルメックス 上映作品発表
  • 今週末まで開催「建築以前・建築以後」展
    今週末まで開催「建築以前・建築以後」展
  • テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    天然の黄金色が美しい、奇跡のような植物のジュエリー
  • 2
    ハイメ・アジョン来日、伊勢丹新宿店×デザインタイド
  • 3
    ひとときも飽きることがない|ワン&オンリー・リーティラ|モルディブ
  • 4
    今週末見るべき映画「バレエに生きる ~パリ・オペラ座のふたり~」
  • 5
    今週末見るべき映画「マリア・カラスの真実」
  • 6
    GoogleがVRヘッドセット「Cardboard」を発表
  • 7
    ジャン・レノ主演、IWC「ポルトギーゼ」映画上映パーティ
  • 8
    次世代のロフト「有楽町LOFT」が1日オープン
  • 9
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 10
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加