第7回恵比寿映像祭「惑星で会いましょう」|映像とアートの国際フェスティバル

2015年 2月 20日 08:10 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

恵比寿映像祭をご存知だろうか? 東京都写真美術館において、2009年より毎年開催されている映像祭だ。「映画祭」ではなく「映像祭」と謳っているのは、映像にまつわる展示、貴重なプログラムの映画上映を中心に、ライブイベントやトークセッションなどを複合的に展開しているから。

毎年全体を統括するテーマを設けており、第7回目にあたる今年は「惑星で会いましょう」とのこと。開催期間は2/27〜3/8の10日間。今回はホームベースである東京都写真美術館の改修休館を機に、美術館の建物を飛び出して開催されるというから、今から待ち遠しい。

ハヴェウ・アルトハメル《共同作業》2009[参考図版]

Courtesy of the artist, Foksal Gallery Foundation, Warsaw, Open Art Projects, Warsaw and neugerriemschneider, Berlin


さて、第7回目の映像祭のテーマ「惑星で会いましょう」とは、いったいどんな意味をもっているのだろうか。人工衛星からリアルタイムで地球の映像を見ることが可能な現在。メディア・テクノロジーの浸透が、私たちを取り巻く環境に変化を促すなか、インターネットなどの発達で情報が氾濫し、世界を直観的に捉えることが難しくなっている。そんな複層化する世界とリアルに向き合うための手掛かりを、映像を通して見つけようというのが今回の映像祭の狙い。手掛かりを見つけるキーワードは、「視点を変える」ことだという。

私たちの住む地球も、視点を変えて見れば宇宙の無数に存在する惑星のひとつであるように、現前する世界を新しい視点で探索し直すことで、世界にアクセスする今日的な方法が見つかるだろう。と、言葉で表現すると難しいので、ぜひ会場に足を運んで体験していただきたいと思う。

Related article

  • 「スイス年」アートの総決算、チューリヒ美術館展
    「スイス年」アートの総決算、チューリヒ美術館展
  • 健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
    健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
  • 日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展
    日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展
  • ウィンザーチェアの魅力を再考する展覧会
    ウィンザーチェアの魅力を再考する展覧会
  • インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
    インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
  • 今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加