コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(後篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

2015年 2月 23日 08:10 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

心理学の世界に身を置いた20代を経て、衣装の世界に転身した30代。日本では、蛯原友里、柴咲コウ、MISIAなどの衣装を手掛け、俳優であり写真家としても活躍する永瀬正敏との実験的コラボレーションを行うなど、「呼吸する衣装」で国内外の総合芸術に新たな息を吹き込むコスチュームデザイナー ARAKI SHIRO氏のインタビュー(後篇)をお届けする。

#03.実験的コラボレーションから生まれる『空間ありきの新しい生命体』


-今回、“衣装”ではなく、“洋服”を初めて発表されたそうですね。『THE HAPPENING』についてお聞かせいただけますか?

『THE HAPPENING』は、スタイリストの伏見京子さんをはじめ、エルメスジャポンのショー演出などを手掛ける谷岡万城男さん、ファッション評論家の平川武治さんなど、ファッション界を牽引する方たちが中心となり、「日本のファッションシーンを変えたい」という思いで結成し、動き出したチームです。プロジェクトの第1弾として、昨年3月の東京のファッションウィークの最終日、『DRESS CAMP』のショー会場内でゲリラショーを行い、11月末に行われたエキシビションでは、GARTER、LEONARD WONG、Nyte、そして僕の4組が作品を発表しました。

「THE HAPPENINGを日本のファッションデザイナーを世界に繋げるプラットフォームにしたい。そして、ゆくゆくはアジアデザイナーを結集したASIA COLLECTION を開催したい」と伏見京子さんはおっしゃっています。2012年に帰国した頃から洋服には興味があったので、ご縁をいただいた際、迷わず参加を決めました。

Related article

  • ミスユニバースがはきこなした「トゥルー リリジョン ブランド ジーンズ」
    ミスユニバースがはきこなした「トゥルー リリジョン ブランド ジーンズ」
  • ロジェ・デュブイの弾丸インパクトモデルがパワーアップ
    ロジェ・デュブイの弾丸インパクトモデルがパワーアップ
  • 汎用性のある服とは
    汎用性のある服とは
  • 日本の職人兄弟が織りなす鮮やかな革の世界
    日本の職人兄弟が織りなす鮮やかな革の世界
  • 人気スタイリストが手がけるスタイリッシュな国産メガネ「Little Emma-2(リトルエマ ツー)」
    人気スタイリストが手がけるスタイリッシュな国産メガネ「Little Emma-2(リトルエマ ツー)」
  • 三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展
    三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「タンゴ・リブレ 君を想う」
  • 2
    真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    ミラノサローネ―トルトーナの日本企業、今年はどうだった?
  • 5
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 6
    ハイメ・アジョンのヴィヴィッドな家具が発売
  • 7
    日本の一番面白いアートシーンが! 六本木クロッシング
  • 8
    チャリティアルバム「SONGS FOR JAPAN」が25万ダウンロード
  • 9
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • 10
    Mac Proがアップデート、Nehalemプロセッサを搭載

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加