スペクタクル感溢れる映像展|第7回恵比寿映像祭レポート

2015年 3月 3日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン会場がある恵比寿ガーデンプレイスのザ・ガーデンホールでは、展示空間を自由に移動しながら、多様なコンセプトをもった複数のプログラムを鑑賞者が自発的に楽しむことができる仕掛け。

エントランスには本展のソウスのひとつとなった雑誌「Whole Earth Catalog」の現物も展示されている。「Whole Earth Catalog」は1960年代後半にアメリカで創刊された全人類的なスケールで展開する知のツールカタログ。その表紙には当時NASAが公開した、人類がはじめて宇宙から見た地球の姿が毎号異なる構図で写し出される。


それらのカバーをみるだけで、このカタログが地球規模でモノを包括的に捉える、紙の上に展開された、ひとつのメディアであるという意図のもと制作されたものであることが分かる。映像とはまさにこの世界のあらゆる事象を、カタログの中からものを選ぶように、個人的なまなざしが主体的に選びとる行為のひとつなのかもしれない。


ホールの暗がりの中、そして人々が行き交う公共空間で、スクリーン、ディスプレイ、テレビモニターなどに写し出される制作年もテーマも異なる映像作品をみる体験は、メディアこそ異なれど印刷物のページをめくるたびに、そこから溢れ出てくる情報を目撃しているような気分になった。

Related article

  • パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
    パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
  • メゾンエルメス フォーラムにて小谷元彦「Hollow」
    メゾンエルメス フォーラムにて小谷元彦「Hollow」
  • Red Bull Music Academy主宰。知覚の極限に迫る、池田亮司展
    Red Bull Music Academy主宰。知覚の極限に迫る、池田亮司展
  • アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • ハンモックという名のテーブルとは?
    ハンモックという名のテーブルとは?
  • ロンドン2012フェスティバルで圧倒される、デイヴィッド・ホックニー企画展
    ロンドン2012フェスティバルで圧倒される、デイヴィッド・ホックニー企画展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 2
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 3
    行灯を重ねたような「和のシャンデリア」
  • 4
    フォトギャラリー:「アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネ」
  • 5
    「ピュアレチノール」の力で、肌を着替えるようにリニューアル
  • 6
    ジャズ名盤講座第33回「Enja+Steeplechase」Enja24選!Steeplechase24選!
  • 7
    ジャズ名盤講座第37回「Candid+Black Lion & Freedom編」Candidの魅力を味わう名盤38選!Black Lion&Freedomの魅力を味わう9選!
  • 8
    世界の90%の人たちを相手にするデザインとは?
  • 9
    吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表
  • 10
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加