奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展

2015年 3月 7日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

変形した車に奇妙な卓球台、猫缶を乗せたスイカ……。ユーモラスでちょっと不思議な世界を醸し出しているのはメキシコ出身のアーティスト、ガブリエル・オロスコ。彼の国内美術館初個展となる「ガブリエル・オロスコ展ー内なる複数のサイクル」が東京都現代美術館(東京・清澄白河)にて開催されている。

ガブリエル・オロスコ《La DS カーネリアン》2013年 変形したシトロエン車 H150×W490×D120cm

オロスコ氏は、普通の人は見向きもしないようなありふれた日常の物事から魅力的な形を発見したり、それらにほんの少し手を加えたりして作品に転換している。きらびやかな美しさを自らの手で作り出すことはない、稀有なアーティストとも言えるだろう。

代表作の《La DS カーネリアン》は、1950年代のシトロエンDSを大胆に分割して貼り合わせた作品。彼は子どもの頃F1レーサーになりたかったそうで、乗用車の中央部分を刳り貫いて流線型にしたらレーシーングカーになるのではないかと考えたという。変形した車は乗用車の見た目を保ちながら、エンジンも搭載していない全く新しい物体になっている。ヘッドライトが寄り目のようになって、昆虫に見えなくもないだろう。いろんな角度から眺め、何とも表現し難い不思議な感覚を楽しみたい。

このようなオロスコ氏のいたずら心は《猫とスイカ》でも満載だ。キャットフードの缶をスイカの上にちょこんと置いた作品は、しばらく見ているとスイカの縞模様が猫の体の模様のように見えてくる。猫とスイカが一体化した光景に、思わず笑いがこぼれてしまう。

ガブリエル・オロスコ《猫とスイカ》1992年 タイプCプリント

Related article

  • more trees企画の写真展「TOUCH WOOD」開催中
    more trees企画の写真展「TOUCH WOOD」開催中
  • マグナムのメンバー、コスタ・マノス写真展「American Color」
    マグナムのメンバー、コスタ・マノス写真展「American Color」
  • アーヴィング・ペンと三宅一生の美しき視覚的対話
    アーヴィング・ペンと三宅一生の美しき視覚的対話
  • デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展
    デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展
  • 天才画家『エミリー・ウングワレー展』初開催。
    天才画家『エミリー・ウングワレー展』初開催。
  • 期間限定予約制、銀座4丁目に現代アートの館が出現
    期間限定予約制、銀座4丁目に現代アートの館が出現

Prev & Next

Ranking

  • 1
    渋谷に岡本太郎の遺伝子を継ぐアートが集結!
  • 2
    近未来都市「マカオ」、その建築
  • 3
    今週末見るべき映画「光りの墓」
  • 4
    フォトギャラリー:「プジョー308」発表会
  • 5
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 6
    今週末見るべき映画<番外編>「ヴァチカン美術館 天国への入口」
  • 7
    「フィアット500」にカブリオレ登場
  • 8
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 9
    伝統と革新、上出・九谷・惠悟展「九谷焼コネクション」
  • 10
    ムービー:ルイ・ヴィトン表参道店がブルーに輝いた夜

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加