奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展

2015年 3月 7日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

変形した車に奇妙な卓球台、猫缶を乗せたスイカ……。ユーモラスでちょっと不思議な世界を醸し出しているのはメキシコ出身のアーティスト、ガブリエル・オロスコ。彼の国内美術館初個展となる「ガブリエル・オロスコ展ー内なる複数のサイクル」が東京都現代美術館(東京・清澄白河)にて開催されている。

ガブリエル・オロスコ《La DS カーネリアン》2013年 変形したシトロエン車 H150×W490×D120cm

オロスコ氏は、普通の人は見向きもしないようなありふれた日常の物事から魅力的な形を発見したり、それらにほんの少し手を加えたりして作品に転換している。きらびやかな美しさを自らの手で作り出すことはない、稀有なアーティストとも言えるだろう。

代表作の《La DS カーネリアン》は、1950年代のシトロエンDSを大胆に分割して貼り合わせた作品。彼は子どもの頃F1レーサーになりたかったそうで、乗用車の中央部分を刳り貫いて流線型にしたらレーシーングカーになるのではないかと考えたという。変形した車は乗用車の見た目を保ちながら、エンジンも搭載していない全く新しい物体になっている。ヘッドライトが寄り目のようになって、昆虫に見えなくもないだろう。いろんな角度から眺め、何とも表現し難い不思議な感覚を楽しみたい。

このようなオロスコ氏のいたずら心は《猫とスイカ》でも満載だ。キャットフードの缶をスイカの上にちょこんと置いた作品は、しばらく見ているとスイカの縞模様が猫の体の模様のように見えてくる。猫とスイカが一体化した光景に、思わず笑いがこぼれてしまう。

ガブリエル・オロスコ《猫とスイカ》1992年 タイプCプリント

Related article

  • 目にした美しさ、そのままに。「SIGMA dp2 Quattro」
    目にした美しさ、そのままに。「SIGMA dp2 Quattro」
  • 草間彌生の宇宙が広がる、「とこしえの愛の部屋」写真展
    草間彌生の宇宙が広がる、「とこしえの愛の部屋」写真展
  • 作家、映画監督と数多くの顔を持つ、大宮エリーの絵画
    作家、映画監督と数多くの顔を持つ、大宮エリーの絵画
  • 「THE OUTLINE 見えていない輪郭」展、16日から開催
    「THE OUTLINE 見えていない輪郭」展、16日から開催
  • 初の長編映画「ムーミン 南の海で楽しいバカンス」が公開
    初の長編映画「ムーミン 南の海で楽しいバカンス」が公開
  • クレジットカードを1枚にまとめられるカードが登場
    クレジットカードを1枚にまとめられるカードが登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デザインプロダクト最新作-ドイツ「アンビエンテ」レポート【後編】 
  • 2
    デザインアワード受賞作品を先行販売。コクヨの限定商品が買える「コクヨハク」3日間限定オープン
  • 3
    今週末見るべき映画「白夜のタンゴ」
  • 4
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 5
    今週末見るべき映画「奇蹟がくれた数式」
  • 6
    旅する香港、最新食事情(1)
  • 7
    フィンランドデザインで埋め尽くされる10日間
  • 8
    今週末見るべき映画「消えた声が、その名を呼ぶ」
  • 9
    デンマークのインテリアブランド「Ferm」のウォールステッカー
  • 10
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加