今週末見るべき映画「パリよ、永遠に」

2015年 3月 6日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクシングに例えるとヘビー級。その割に両者の動きは軽快。ジャブの応酬があるかと思えば、鋭いパンチを繰り出す。フェイントは自由自在、お互いのリングでのかけひきは一流。どちらが勝つか、目が離せない。映画「パリよ、永遠に」(東京テアトル配給)は、見応えのあるボクシングの試合のよう。

1944年8月のパリ。第2次世界大戦の末期である。パリはいまなお、ドイツが占領しているが、連合軍が防衛線を突破し、レジスタンスの活躍で、ドイツの敗戦が濃くなる。連合軍にベルリンを破壊されたヒトラーは、占領したパリの防衛司令官に、ディートリッヒ・フォン・コルティッツ将軍を任命し、パリの破壊を命じる。


市内のほとんどすべての橋、エッフェル塔、ノートルダム寺院、ルーブル美術館、オペラ座などに、すでに爆弾が仕掛けられている。実行すれば、パリは壊滅する。コルティッツ将軍は、いまさらパリを破壊しても、戦略上の意味はないことを理解している。しかし、コルティッツ将軍には、ヒトラーの命令に従わなければならない大きな理由がある。そこに、パリで生まれパリで育った、中立国スウェーデンの総領事、ノルドリンクが現れる。ノルドリンクは、コルティッツ将軍の駐留しているホテルに忍び入り、将軍にパリ破壊を止めるよう、交渉する。

そう、これは、ルネ・クレマン監督が1966年に撮った「パリは燃えているか」の、いくつかのエピソードのほぼ最後に出てくる話である。

アメリカ、フランス、ドイツの大スターがズラリと出てくる映画だった。コルティッツ将軍にゲルト・フレーベ、ノルドリンク役はオーソン・ウェルズだった。実話に基づいている。実際に、コルティッツ将軍とノルドリンクは、捕虜の交換をめぐって、何度も交渉を重ねている。多くの交渉のひとつが、本作で描かれた、パリ破壊をめぐっての交渉である。

Related article

  • 今週末見るべき映画「8月の家族たち」
    今週末見るべき映画「8月の家族たち」
  • 今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
    今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
  • 今週末見るべき映画「しあわせはどこにある」
    今週末見るべき映画「しあわせはどこにある」
  • 19世紀パリ もっとも美しい時代、ロートレック回顧展
    19世紀パリ もっとも美しい時代、ロートレック回顧展
  • シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
    シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
  • 今週末見るべき映画「画家モリゾ マネの描いた美女」
    今週末見るべき映画「画家モリゾ マネの描いた美女」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • 4
    The Tastemakers & Co.が提案する 「古くてあたらしいこれからの日用品」
  • 5
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)
  • 6
    革新的なデザインフェア「Design Miami」
  • 7
    華麗なる「TOYOTA 2000GT」ボンドカー
  • 8
    垂涎のアンティーク・コレクションが見られる着物展
  • 9
    新たな美味しいを発見。「GOOD NEIGHBORS' FINE FOODS」誕生
  • 10
    「LIFEPROOF」、iPhone5/5sケース「fré」「nüüd」新色を発売開始

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加