今週末見るべき映画「パリよ、永遠に」

2015年 3月 6日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクシングに例えるとヘビー級。その割に両者の動きは軽快。ジャブの応酬があるかと思えば、鋭いパンチを繰り出す。フェイントは自由自在、お互いのリングでのかけひきは一流。どちらが勝つか、目が離せない。映画「パリよ、永遠に」(東京テアトル配給)は、見応えのあるボクシングの試合のよう。

1944年8月のパリ。第2次世界大戦の末期である。パリはいまなお、ドイツが占領しているが、連合軍が防衛線を突破し、レジスタンスの活躍で、ドイツの敗戦が濃くなる。連合軍にベルリンを破壊されたヒトラーは、占領したパリの防衛司令官に、ディートリッヒ・フォン・コルティッツ将軍を任命し、パリの破壊を命じる。


市内のほとんどすべての橋、エッフェル塔、ノートルダム寺院、ルーブル美術館、オペラ座などに、すでに爆弾が仕掛けられている。実行すれば、パリは壊滅する。コルティッツ将軍は、いまさらパリを破壊しても、戦略上の意味はないことを理解している。しかし、コルティッツ将軍には、ヒトラーの命令に従わなければならない大きな理由がある。そこに、パリで生まれパリで育った、中立国スウェーデンの総領事、ノルドリンクが現れる。ノルドリンクは、コルティッツ将軍の駐留しているホテルに忍び入り、将軍にパリ破壊を止めるよう、交渉する。

そう、これは、ルネ・クレマン監督が1966年に撮った「パリは燃えているか」の、いくつかのエピソードのほぼ最後に出てくる話である。

アメリカ、フランス、ドイツの大スターがズラリと出てくる映画だった。コルティッツ将軍にゲルト・フレーベ、ノルドリンク役はオーソン・ウェルズだった。実話に基づいている。実際に、コルティッツ将軍とノルドリンクは、捕虜の交換をめぐって、何度も交渉を重ねている。多くの交渉のひとつが、本作で描かれた、パリ破壊をめぐっての交渉である。

Related article

  • 【トーク】ルネサンス三大巨匠編(1)/第一回ヘンタイ美術館
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(1)/第一回ヘンタイ美術館
  • 今週末見るべき映画「恋するリベラーチェ」
    今週末見るべき映画「恋するリベラーチェ」
  • メッセージ 【今週末見るべき映画】
    メッセージ 【今週末見るべき映画】
  • 4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
    4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
  • ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
  • ゴッホ~最期の手紙~ 【今週末見るべき映画】
    ゴッホ~最期の手紙~ 【今週末見るべき映画】

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 2
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 3
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告
  • 4
    今週末見るべき映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」
  • 5
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 6
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 7
    今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
  • 8
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加