アメリカが誇る印象派コレクション、見どころ

2015年 3月 13日 08:10 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイルサ・メロンの「優しく、親密な」印象派コレクション
ワシントン・ナショナル・ギャラリー(National Gallery of Art、以下「NGA」)は1937年に、大銀行家アンドリュー・W・メロンが、美術館設立のための基金と、自身の美術コレクションを連邦政府に寄贈したことに始まる。今回紹介されている作品の中心となっているのは、NGA創設者であるアンドリューの娘エイルサ・メロンを中心に形成されたコレクションだ。

エイルサは新規作品取得のための基金を設立するなど、父が創立したNGAの発展に生涯貢献、さらにフランス印象派とポスト印象派のコレクションをNGAに寄贈している。エイルサ・メロンはNGAのみならず、アメリカにおける近代美術振興に大きな功績を残した人物なのである。

エイルサ・メロン Ailsa Mellon Bruce before 1937.
National Gallery of Art, Gallery Archives


父の西洋絵画コレクションに囲まれて育ったエイルサ。父とともに作品収集も手伝い、専門家や名うて画商とも顔馴染みになっていった。そして父の死後も繊細で洗練された感性をみがきながら印象派とポスト印象派絵画のコレクションを築き上げた。本展では、エイルサが自宅を飾るために収集した、心安らぐ”親密”な作品たちを紹介している。

ポール・セザンヌ 《牛乳入れと果物のある静物》 1900年頃 油彩・カンヴァス
National Gallery of Art, Washington, Gift of the W. Averell Harriman Foundation in memory of Marie N. Harriman

エドゥアール・マネ 《キング・チャールズ・スパニエル犬》 1866年頃 油彩・リネン
National Gallery of Art, Washington, Ailsa Mellon Bruce Collection

Related article

  • フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
    自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
  • 和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」開催中
    「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」開催中
  • ムービー:吉岡徳仁によるスワロフスキーのブース
    ムービー:吉岡徳仁によるスワロフスキーのブース
  • iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
    iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 2
    Blue Note Tokyo × BEAMS ブルーノート東京30周年記念、コラボレーションアイテム発売
  • 3
    円と直線が生み出す本質。固定観念に挑み続ける表現者、高橋理子
  • 4
    ポルシェは4モデルを日本初公開、東京モーターショー
  • 5
    今週末見るべき映画<番外編>「フランス映画祭2014」
  • 6
    新型ポロ、「コンパクト」を超えたデザインと走りのDNA
  • 7
    今週末見るべき映画「フード・インク」
  • 8
    自分への贈り物。シャネルで探す、大人のご褒美ギフト
  • 9
    世界最大のショコライベント、サロン・デュ・ショコラが開催中
  • 10
    注目!カイカイキキ期待の新人、obの初個展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加