今週末見るべき映画「ディオールと私」

2015年 3月 13日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

前説。外国の優れた多くの映画を、配給・宣伝しているアルシネテランが、このほど倒産した。残念、としか言いようがない。2012年には「セブン・デイズ・イン・ハバナ」、「ミステリーズ 運命のリスボン」、「至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~」を。2013年には「ファッションを創る男 カール・ラガーフェルド」を。2014年には「家族の灯り」、「はじまりは5つ星ホテルから」、「幸せのありか」を。2015年には「はじまりのうた」を。いずれも、アルシネテランが配給、宣伝を担当した作品で、すべて、イズムでレビューさせていただいた。

レビューしたからといって、別に配給会社や宣伝担当の会社から、お金をもらうわけではない。この欄は、見ていいなあ、ぜひ多くの人に見てほしい、そう思った作品をレビューしているだけである。もちろん、アルシネテランが配給、宣伝する作品をすべて、レビューするわけではない。この後、アルシネテランが、すでに、配給を決め、宣伝を引き受けた作品は、手分けして業務を継続するようだが、なんとか、有終の美を飾ってほしい。そのなかの1本が、3月14日公開のドキュメンタリー映画「ディオールと私」(アルシネテラン、オープンセサミ配給)だ。


クリスチャン・ディオール。その名を知らない人はいないと思う。1947年、ディオールは42歳。前年に自身のメゾン(店舗)を設立したばかりのディオールは、数字の8のようにウエストを細く絞り、フレアーのスカートで、女性らしさを全面に出した「8ライン」、別名「ニュールック」を発表、世界じゅうを席巻する。1957年、心臓発作で急死するまでの10年間、ディオールは、香水を作り、毎年のように「ライン」シリーズを発表する。「バーティカル・ライン」、「オーバル・ライン」、「チューリップ・ライン」、「Hライン」、「Yライン」などなど。

1957年、ディオール急死の後を継いだのが、当時21歳のイヴ・サン=ローランである。以降、1960年にマルク・ポラン、1989年にジャンフランコ・フェレ、1996年にジョン・ガリアーノが、アーティスティック・ディレクターに就任、いずれも個性豊かな、才能あるデザイナーばかり。ディオールが偉かったのは、死ぬ前から、サン=ローランやポランといったデザイナーをちゃんと抜擢していたことだろう。もちろん、メゾンのスタッフ、現場の職人さんたちを大事にしていたこともある。死後もなお、「ディオール」ブランドが光り輝いているのも、当然のことだろう。

Related article

  • オロビアンコから、クラシカルな機械式時計
    オロビアンコから、クラシカルな機械式時計
  • センシュアルな魅力溢れる「Parah」のアニマルシリーズ
    センシュアルな魅力溢れる「Parah」のアニマルシリーズ
  • 今週末見るべき映画「偉大なるマルグリット」
    今週末見るべき映画「偉大なるマルグリット」
  • 日本のファッションの30年間の一断面を提示「Future Beauty 日本ファッションの未来性」
    日本のファッションの30年間の一断面を提示「Future Beauty 日本ファッションの未来性」
  • 煌めきが光る、『MIKIA』ブラックパールプレス
    煌めきが光る、『MIKIA』ブラックパールプレス
  • 今週末見るべき映画「チャップリンからの贈りもの」
    今週末見るべき映画「チャップリンからの贈りもの」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「星野リゾート タラサ志摩」のメインダイニングが新イタリアン「Tre Mare」に
  • 2
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 3
    世界のキッチングッズブランドが集まる「サテリテ」
  • 4
    ブルガリから宝石箱のようなチョコレート
  • 5
    賛否両論の問題作「ツリー・オブ・ライフ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ビルマVJ 消された革命」
  • 7
    エンツォ・マーリの「段ボール」パーティション
  • 8
    ニコラ・フィアットからミニボトル、One Fo(u)r
  • 9
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 10
    「Onyx」の何度でも使える、次世代アイスキューブ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加