今週末見るべき映画「ディオールと私」

2015年 3月 13日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

前説。外国の優れた多くの映画を、配給・宣伝しているアルシネテランが、このほど倒産した。残念、としか言いようがない。2012年には「セブン・デイズ・イン・ハバナ」、「ミステリーズ 運命のリスボン」、「至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~」を。2013年には「ファッションを創る男 カール・ラガーフェルド」を。2014年には「家族の灯り」、「はじまりは5つ星ホテルから」、「幸せのありか」を。2015年には「はじまりのうた」を。いずれも、アルシネテランが配給、宣伝を担当した作品で、すべて、イズムでレビューさせていただいた。

レビューしたからといって、別に配給会社や宣伝担当の会社から、お金をもらうわけではない。この欄は、見ていいなあ、ぜひ多くの人に見てほしい、そう思った作品をレビューしているだけである。もちろん、アルシネテランが配給、宣伝する作品をすべて、レビューするわけではない。この後、アルシネテランが、すでに、配給を決め、宣伝を引き受けた作品は、手分けして業務を継続するようだが、なんとか、有終の美を飾ってほしい。そのなかの1本が、3月14日公開のドキュメンタリー映画「ディオールと私」(アルシネテラン、オープンセサミ配給)だ。


クリスチャン・ディオール。その名を知らない人はいないと思う。1947年、ディオールは42歳。前年に自身のメゾン(店舗)を設立したばかりのディオールは、数字の8のようにウエストを細く絞り、フレアーのスカートで、女性らしさを全面に出した「8ライン」、別名「ニュールック」を発表、世界じゅうを席巻する。1957年、心臓発作で急死するまでの10年間、ディオールは、香水を作り、毎年のように「ライン」シリーズを発表する。「バーティカル・ライン」、「オーバル・ライン」、「チューリップ・ライン」、「Hライン」、「Yライン」などなど。

1957年、ディオール急死の後を継いだのが、当時21歳のイヴ・サン=ローランである。以降、1960年にマルク・ポラン、1989年にジャンフランコ・フェレ、1996年にジョン・ガリアーノが、アーティスティック・ディレクターに就任、いずれも個性豊かな、才能あるデザイナーばかり。ディオールが偉かったのは、死ぬ前から、サン=ローランやポランといったデザイナーをちゃんと抜擢していたことだろう。もちろん、メゾンのスタッフ、現場の職人さんたちを大事にしていたこともある。死後もなお、「ディオール」ブランドが光り輝いているのも、当然のことだろう。

Related article

  • 今週末見るべき映画「チリの闘い」
    今週末見るべき映画「チリの闘い」
  • ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
  • Interview:メイクアップアーティストMINA・この世は美の奔流。インスピレーションは無限
    Interview:メイクアップアーティストMINA・この世は美の奔流。インスピレーションは無限
  • 大人の男が選ぶ、ランズエンドのアウターウェア
    大人の男が選ぶ、ランズエンドのアウターウェア
  • 表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
    表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
  • アウディ創立100周年記念、世界最大QRコード製作
    アウディ創立100周年記念、世界最大QRコード製作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加