今週末見るべき映画「神々のたそがれ」

2015年 3月 20日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう30年ほど前になると思うが、ソ連のSF映画で、アンドレイ・タルコフスキー監督の「ストーカー」を見た。これが傑作、興奮した記憶がある。政府が立ち入り禁止にした「ゾーン」と呼ぶエリアがある。「ゾーン」には、願いが叶うという部屋があるらしい。厳重な警備の目をくぐって、「ゾーン」を案内するのが「ストーカー」である。科学者と作家が、ストーカーの案内で、「ゾーン」の部屋を目指す。

原作は、ストルガツキー兄弟の小説「路傍のピクニック」。映画の脚本もまた、この兄弟が担当した。このストルガツキー兄弟が、1964年に書いたSF小説「神様はつらい」を原作にした映画が、このほど公開となる。「神々のたそがれ」(アイ・ヴィー・シー配給)だ。


2000年、監督のアレクセイ・ゲルマンが、「神様はつらい」を下敷きに、映画化を図る。ゲルマンの映像は、計算され尽くした雑然さ、混沌さのなか、徹底的に細部にこだわる。製作には長い時間がかかる。ほぼ完成した2013年、アレクセイ・ゲルマンは亡くなる。最後の仕上げは、アレクセイ・ゲルマンの妻スヴェトラーナ・カルマリータと、息子のゲルマン・ジュニアである。

原作のSF小説は読んでいないが、映画を見て、とにかく、驚いた。舞台は、アルカナルという、ある惑星の都市。ここは、地球の800年前ほどの文明で、地球でいうと、ちょうどルネサンス初期にあたる。ここに地球から、科学者や歴史学者などの調査団がやってくる。20年ほど経過しても、アルカナルにはルネサンスのような状況は起こらず、ドン・レバ大臣の支配下、大学は破壊され、知的な人物は狩られ、賢者や読書家、技術者たちが処刑される。王の親衛隊は無力で、知識人たちの処刑は、大臣の指揮する灰色隊が行う。

Related article

  • 今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • 今週末見るべき映画「殯の森」
    今週末見るべき映画「殯の森」
  • 今週末見るべき映画「スポットライト 世紀のスクープ」
    今週末見るべき映画「スポットライト 世紀のスクープ」
  • 印象派革命の引き金を引いた、エドゥアール・マネ
    印象派革命の引き金を引いた、エドゥアール・マネ
  • Interview:現代アーティストD【di:】|独自の世界観で様々なものを創造する
    Interview:現代アーティストD【di:】|独自の世界観で様々なものを創造する
  • 走るリキテンシュタイン? BMWアート・カー展
    走るリキテンシュタイン? BMWアート・カー展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 2
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 3
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告
  • 4
    今週末見るべき映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」
  • 5
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 6
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 7
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 8
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 9
    元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
  • 10
    最新リノベ物件事情、東京・目黒の「マンション雅叙苑」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加