今週末見るべき映画「神々のたそがれ」

2015年 3月 20日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Story】
とある惑星にある王国の首都アルカナル。地球より800年ほど進化が遅れている。城らしき建造物は、地球のルネサンス初期を思わせるが、アルカナルはルネサンスとは全く無縁。ここに、地球から学者たちが送り込まれてくる。

アルカナルには、いつも雨が降っている。道は泥だらけ。犬やニワトリが走り回っている。みすぼらしい公衆便所があり、道はずれには、火が焚かれている。ネズミもたくさん、いる。首に枷を架けられた者が大勢、処刑されたままの死体が、あちこちにぶらさがっている。

アルカナルでは、大学が壊され、知識人狩りが日常茶飯事。多くの知識人が処刑され、隣国のイルカンに逃亡する者もいる。処刑を指揮するのは大臣のドン・レバ(アレクサンドル・チュトゥコ)で、グレイの制服を着た「灰色隊」を率いている。灰色隊のメンバーは、主に家畜商人や雑多な品を扱う商人たちである。地球から来た学者のひとりがドン・ルマータ(レオニード・ヤルモルニク)である。ドン・ルマータは、アルカナルの異教神ゴランの私生児と言われ、住民たちはどことなく恐れているが、知識人狩りの混乱に口を挟む権限はない。


イルカンに逃亡したのは知識人だけではない。農民の抵抗を指揮するアラタや、鉱山で苦役についていた奴隷たちもいる。ドン・ルマータは、追われている知識人たちを匿っている。イルカンから派遣された医師ブダフ(エヴゲーニー・ゲルチャコフ)が、ドン・ルマータのもとへ向かうことになる。その道中で、ブダフたち一行は、行方不明になる。

ブダフは、王の膝の病を治療することになっている。ドン・ルマータは、国王とドン・レバの前で、ブダフたちを連れ去ったのはドン・レバだと言う。王は、ブダフを連れてくるよう、ドン・レバに命じる。ドン・レバが連行したブダフは、じつはニセモノである。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ザ・マスター」
    今週末見るべき映画「ザ・マスター」
  • 今週末見るべき映画「パラノーマル・アクティビティ」
    今週末見るべき映画「パラノーマル・アクティビティ」
  • 今週末見るべき映画「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男」
    今週末見るべき映画「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男」
  • 鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
    鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
  • 今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
    今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
  • 今週末見るべき映画「NINE」
    今週末見るべき映画「NINE」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート
  • 2
    今週末見るべき映画「スノーピアサー」
  • 3
    ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア
  • 4
    BMWのSUV、X5とX6に「Mモデル」追加
  • 5
    「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート
  • 6
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 7
    クルーズ新世紀(2)~ism世代のマイシップ|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 8
    フィリップ・スタルクデザイン、高機能ヘッドフォン『Parrot Zik』

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加