今週末見るべき映画「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」

2015年 3月 20日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Story】
1958年12月19日、パリ。オペラ歌手、マリア・カラスが、パリ・オペラ座にデビューする。国立音楽アカデミーのガルニエ宮は、大盛況である。座席料金は2万フラン、豪華なパンフレットは3千フラン。収益は、レジオン・ドヌール勲章の事業に寄付される。会場のオペラ座に集まった人たちは、ルネ・コティ大統領の到着を待っている。各界から著名人が集まる。マルティーヌ・キャロルがいる。ブリジッド・バルドー、ジェラール・フィリップ、マルセル・アシャールがいる。

この夜のガラ・コンサートの曲目が紹介される。演奏は、ジョルジュ・セバスチャン指揮のパリ・オペラ座管弦楽団。開幕は国歌の「ラ・マルセイエーズ」。2部構成で、第1部は、ヴェルディの「運命の力」序曲。マリア・カラスが登場して、お得意のレパートリーで、ベッリーニの「ノルマ」から「清らかな女神よ」と、ヴェルディの「イル・トロヴァトーレ」から「恋はばら色の翼に乗って」と「ミゼレーレ」。絶頂期のマリア・カラスである。朗々としたソプラノ、しかも、音域は自由自在。観衆は大喜びだ。


ロッシーニの「セビリアの理髪師」序曲が演奏される。特別ボックス席には、ルイーズ・ド・ヴィルモランがいる。サン=テグジュベリや、ジャン・コクトー、オーソン・ウェルズ、アンドレ・マルローたちが夢中になった女性作家だ。マルティーヌ・キャロル、ジュリエット・グレコもいる。マリア・カラスが再び登場する。「セビリアの理髪師」から、ロジーナのアリアで、第1幕の「今の歌声は」を唄う。下町娘の恋心を唄いきる。もう、大喝采である。第1部が終わる。

Related article

  • ”出会い”はクリエイション。「OPA!陽気な黙示録」
    ”出会い”はクリエイション。「OPA!陽気な黙示録」
  • 今週末見るべき映画「ビューティー・インサイド」
    今週末見るべき映画「ビューティー・インサイド」
  • 今週末見るべき映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
    今週末見るべき映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
  • 今週末見るべき映画「チャップリンからの贈りもの」
    今週末見るべき映画「チャップリンからの贈りもの」
  • シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
    シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
  • フォトギャラリー:クリストとジャンヌ=クロード展が開幕
    フォトギャラリー:クリストとジャンヌ=クロード展が開幕

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 3
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 4
    マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」
  • 5
    香りの魔術師「ジョー マローン」、心躍るクリスマスギフトが限定登場
  • 6
    アウディのプレミアムモデルによるカーシェアリング開始
  • 7
    モレスキンとLEGOが結合した限定版ノートブック
  • 8
    ヴィヴィッドな世界観を体感!「ヴェルナー・パントン展」開催
  • 9
    アナ・スイのルーツや価値観を伝える新プロジェクト「SWINGING TOKYO」が始動 山本寛斎らとコラボ
  • 10
    今週末見るべき映画「倫敦から来た男」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加