『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」

2015年 3月 27日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずいぶん前の団体旅行で、わずかだが、パリで自由行動の時間があった。サンジェルマンデプレを歩いた。老舗のカフェ「カフェ・ド・フロール」に入ろうと思ったが、満員で入れなかった。同行した仲間に、「ほら、ここがサルトルとボーヴォワールが座っていたところ」などと知ったかぶりをして歩いた記憶がある。

アポリネール、アンドレ・ブルトン、ルイ・アラゴン、ジャン・コクトー、レーモン・クノー、ジョルジュ・バタイユ、パブロ・ピカソ、マルセル・カルネ、ロマン・ポランスキー、ブリジッド・バルドー、アラン・ドロン、ジュリエット・グレコ、ボリス・ヴィアン、カール・ラガーフェルドなどなど、各界の錚々たる人たちが顧客だった聞いている。

カフェの名前と同じ「カフェ・ド・フロール」(ファインフィルムズ配給)という映画を見た。カフェの「カフェ・ド・フロール」とは関係なく、劇中にマシュー・ハーバートの音楽「カフェ・ド・フロール」が、効果的に使われる。映画は、そこからのタイトルと思われる。現代のカナダ、モントリオールと、1969年のパリが舞台となる。


2011年のモントリオール。音楽に人生を変える力があると信じているアントワーヌは、人気のDJ。両親は健在で、別居中の妻キャロルとの間に、まだ幼いふたりの娘がいる。いまアントワーヌは、ふたりの娘と、ローズというセクシーな女性と、不自由なく暮らしている。1969年のパリ。美容院に勤めているジャクリーヌは、ダウン症の息子とふたりで暮らしている。ふたりがレコードでよく聴く音楽が「カフェ・ド・フロール」だ。

時空を超えたふたつのドラマが進行する。夫の心変わりを信じられないキャロルは、違法ドラッグのせいもあって、頻繁に夢を見る。キャロル自身、「小さなモンスター」と呼ぶ、見知らぬ少年の夢だ。いったい、この少年は誰なのか。いくつかの謎をはらみながら、音楽「カフェ・ド・フロール」が、ふたつのドラマを繋ぐように流れている。

Related article

  • 映像の身体性を問う「恵比寿映像祭」、26日まで
    映像の身体性を問う「恵比寿映像祭」、26日まで
  • 伝説を切り撮る。写真展「内田裕也」 若木信吾インタビュー
    伝説を切り撮る。写真展「内田裕也」 若木信吾インタビュー
  • デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」
    デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」
  • 銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
    銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
  • インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
    インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
  • 今週末見るべき映画「あなたを抱きしめる日まで」
    今週末見るべき映画「あなたを抱きしめる日まで」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」を発表
  • 2
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 3
    今週末見るべき映画「塀の中のジュリアス・シーザー」
  • 4
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 5
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 6
    2011年の締めくくりは、ザ・リッツ・カールトン東京で
  • 7
    Bang & Olufsenのエキシビジョンが開催
  • 8
    銀座の街に出現した「メゾンエルメス×吉岡徳仁」のウィンドウ
  • 9
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 10
    iMacがついにアルミのグッドデザインに

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加