森美術館リニューアルオープン記念|シンプルなかたち展

2015年 3月 19日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「シンプルライフ」という言葉が世に出てきたのは、10年ほど前だったろうか。自分にとって本当に必要なものだけを持って暮らすこと。物や情報があふれる今の時代に、「シンプル」というものに憧れを持つ人は多いだろう。それは暮らしだけでなく、見た目のかたちに対しても同じこと。そんな「シンプルなかたち」に着目した展覧会「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」が、森美術館で4月25日から開催される。

アンリ・マティス 《「ジャズ」9 形態》 1947年
ステンシル、紙 40.8 x 57.7 cm 所蔵:神奈川県立近代美術館


本展は、森美術館のリニューアルオープンを記念して、パリのポンピドゥー・センター・メスとエルメス財団がコラボレーションした企画の、日本巡回展となっている。展示は森美術館のために再構成し、日本展ならではの作品も登場。古今東西の「シンプルなかたち」約130点が集結する。アンリ・マティスの人体像を表した作品《「ジャズ」9形態》は、まさに「シンプルなかたち」を象徴した作品だろう。

単純であればあるほど、美しい。そんなシンプルな美学は、工業製品や建築のデザイン、芸術に多大な影響を与えたという。単純で美しいかたちは、自然の中にも見出すことができる。杉本博司が世界中の海を撮り集めた「海景」シリーズは、風景におけるシンプルな美しさの代表例と言えそうだ。水平線で分割された海と空は、白と黒だったり、グレーのグラデーションだったり。色も柄もない、ただ美しいその景色は飽きることなくずっと眺めていられる。

杉本博司 《スペリオル湖、キャスケイド川》 1995年
ゼラチン・シルバー・プリント 119.4 x 149.2 cm Courtesy: Gallery Koyanagi

Related article

  • ペットボトルタイプの魔法瓶・S'well(スウェル)
    ペットボトルタイプの魔法瓶・S'well(スウェル)
  • 吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」がヴェネツィア・ビエンナーレに
    吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」がヴェネツィア・ビエンナーレに
  • これぞ未来! R2-D2のバーチャルキーボード発売
    これぞ未来! R2-D2のバーチャルキーボード発売
  • オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
    オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
  • フォトギャラリー:「TENORI-ON(テノリオン)」
    フォトギャラリー:「TENORI-ON(テノリオン)」
  • 養老孟司×山中俊治スペシャルトーク「骨のはなし」
    養老孟司×山中俊治スペシャルトーク「骨のはなし」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「マリリン 7日間の恋」
  • 2
    イソップが描くマラケッシュの街、その香りを旅する
  • 3
    フォトギャラリー:マルチタッチの「iPod nano」
  • 4
    押さえておきたい、「ほんまもん」の京料理/2)京都人が選ぶ、京の隠れ家
  • 5
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 6
    今週末見るべき映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」
  • 7
    モダンでスポーティに変化、メルセデス・ベンツ「Eクラス」
  • 8
    フォトギャラリー:GINZA ILLUMINATION 希望の翼
  • 9
    23日まで、佐々木耕成「全肯定 OK. PERFECT. YES.」
  • 10
    建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加