森美術館リニューアルオープン記念|シンプルなかたち展

2015年 3月 19日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「シンプルライフ」という言葉が世に出てきたのは、10年ほど前だったろうか。自分にとって本当に必要なものだけを持って暮らすこと。物や情報があふれる今の時代に、「シンプル」というものに憧れを持つ人は多いだろう。それは暮らしだけでなく、見た目のかたちに対しても同じこと。そんな「シンプルなかたち」に着目した展覧会「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」が、森美術館で4月25日から開催される。

アンリ・マティス 《「ジャズ」9 形態》 1947年
ステンシル、紙 40.8 x 57.7 cm 所蔵:神奈川県立近代美術館


本展は、森美術館のリニューアルオープンを記念して、パリのポンピドゥー・センター・メスとエルメス財団がコラボレーションした企画の、日本巡回展となっている。展示は森美術館のために再構成し、日本展ならではの作品も登場。古今東西の「シンプルなかたち」約130点が集結する。アンリ・マティスの人体像を表した作品《「ジャズ」9形態》は、まさに「シンプルなかたち」を象徴した作品だろう。

単純であればあるほど、美しい。そんなシンプルな美学は、工業製品や建築のデザイン、芸術に多大な影響を与えたという。単純で美しいかたちは、自然の中にも見出すことができる。杉本博司が世界中の海を撮り集めた「海景」シリーズは、風景におけるシンプルな美しさの代表例と言えそうだ。水平線で分割された海と空は、白と黒だったり、グレーのグラデーションだったり。色も柄もない、ただ美しいその景色は飽きることなくずっと眺めていられる。

杉本博司 《スペリオル湖、キャスケイド川》 1995年
ゼラチン・シルバー・プリント 119.4 x 149.2 cm Courtesy: Gallery Koyanagi

Related article

  • メディアアートの祭典「サイバーアーツジャパン」
    メディアアートの祭典「サイバーアーツジャパン」
  • ジュエリーのように輝くガラスのアート、ジャン=ミシェル オトニエルの日本初個展
    ジュエリーのように輝くガラスのアート、ジャン=ミシェル オトニエルの日本初個展
  • 大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
  • ウィンザーチェアの魅力を再考する展覧会
    ウィンザーチェアの魅力を再考する展覧会
  • アート?家具? イタリア家具「カッシーナ」が展覧会を開催
    アート?家具? イタリア家具「カッシーナ」が展覧会を開催
  • 衝動と愛と。現代アート作家、村山留里子の原点をたどる
    衝動と愛と。現代アート作家、村山留里子の原点をたどる

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ユルゲン・ベイが提案する、新しいオフィスのあり方
  • 2
    コンペティションの9作品を紹介━第13回東京フィルメックス
  • 3
    今週末見るべき映画「消えた画 クメール・ルージュの真実」
  • 4
    梅最中/梅花亭 by Tokyo的 男の手土産
  • 5
    トレードマークは手錠、バッグブランド「カフス」
  • 6
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 7
    メタフィス新作、ユニークな1人用の電気鍋など
  • 8
    ブルーマン再び! 「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」再演
  • 9
    何気なく、みずみずしい日常の瞬間を描くナターシャ・ロウ
  • 10
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加