今週末見るべき映画「セッション」

2015年 4月 16日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズは詳しくはないが、好きである。なかでも、ドラムやパーカッションが主役となる、ラテン音楽タッチのジャズが好き。サブーことルイス・マルティネスら5名がコンガを叩いているブルーノート・レーベルの「サブー/パロ・コンゴ」などは、時折、聴いている。いっとき、ジャズ・ドラムに魅せられた時期があった。ごひいきのひとりが、チコ・ハミルトン。1958年の第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバルを記録したドキュメンタリー映画「真夏の夜のジャズ」では、「ブルー・サンズ」という曲で、フルートのエリック・ドルフィーを従え、スリリングなマレットさばきを披露している。

バディ・リッチもいい。バディ・リッチは、マックス・ローチやジーン・クルーパといったドラマーとのアルバムで、すさまじいドラムを叩いている。また、モダンジャズの巨人ともいえるチャーリー・パーカーの「リラクシン・ウィズ・リー」などでは、短い時間だが、正確極まりない、みごとなドラミングを披露する。このバディ・リッチに憧れ、ジャズ・ドラマーを目指す若者を描いた映画が「セッション」(ギャガ配給)だ。


映画「フルメタル・ジャケット」や「愛と青春の旅立ち」での、軍事教練の担当が、士官や兵士となる若者を鍛えぬくように、ジャズを教えている鬼のような教授が、若者たちを鍛える。教授のジャズ練習は、指導、教育というより、理不尽なまでの訓練、しごきである。ついていこうとしても、世間知らずの若者たちには、いささか無理である。さて、若者たちは、どこまで教授についていくことができるのだろうか。

日本の、あるプロのジャズ・ミュージシャンが、「大変なゲテモノ、マンガ」と、この映画を酷評している。ジャズは日本の音楽ではないので、日本のジャズのプロが、映画のなかのジャズ音楽の指導、教育をめぐって、どのように批判しても、あまり説得力はない。ジャズの真実と映画で描かれていることが、いくらかけ離れていようと、また、なんと評価しようと、映画の本質とは、あまり関係のないことと思う。ジャズは、深遠な音楽かもしれない、また、理屈や理論もあると思うが、いろいろと聴いて、「いいな!」と感じたら、それでいいのではないかと思う。

Related article

  • 「チャロー!インディア:インド美術の新時代」展
    「チャロー!インディア:インド美術の新時代」展
  • 今週末見るべき映画「真夜中のゆりかご」
    今週末見るべき映画「真夜中のゆりかご」
  • 今週末見るべき映画「Mommy/マミー」
    今週末見るべき映画「Mommy/マミー」
  • 銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
    銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
  • 今週末見るべき映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」
    今週末見るべき映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」
  • 今週末見るべき映画「顔のないヒトラーたち」
    今週末見るべき映画「顔のないヒトラーたち」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 2
    いま観るべき芝居『わが星』|劇団ままごと劇作家・柴幸男インタビュー
  • 3
    フォトギャラリー:Art Baselにカルティエ「ビートたけし/北野武」展?
  • 4
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • 5
    極限のクライマックスへ「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
  • 6
    iida第2弾発表、ロボットのコンセプトモデルも
  • 7
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 8
    デザイン文具の「ACME」が表参道ヒルズに
  • 9
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 10
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加