今週末見るべき映画「あの日の声を探して」

2015年 4月 23日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの日の声を探して」では、ミシェル・アザナヴィシウス監督が、きめの細かい、行き届いた演出をみせる。3つほどの複数の話を、巧みに繋いで、当時のチェチェンの現実を活写する。ハジを演じたアブドゥル・カリム・ママツイエフの見せる表情が、万感の悲しみをたたえて、涙を誘う。映画の成功は、この少年を見いだしたことだろう。キャロルを演じたのはベレニス・ベジョ。無言のハジと知り合い、いろいろと面倒を見る。まるで、ひとり芝居である。母親とのいざこざを抱えての難役を、そつなくこなす。また、コーリャを演じたマキシム・エメリヤノフは、オーディションで大役を勝ち取る。徐々に、殺人マシーンに変貌する過程を力演する。


侵攻、内乱、紛争など、言葉はいろいろあるが、これはみな、戦争である。勝者も敗者も、いない。そして、ひどい犠牲を被るのは、常に、子供、女性、老人である。ミシェル・アザナヴィシウスの、これは残しておかなければならない仕事だったろう。映画作家の良心に裏打ちされた秀作と思う。

ところで、この4月1日、野党の議員が国会で、「戦争法案」という言葉を使ったところ、不適切とされ、修正を要求されたという。キナ臭い法案をめぐって、過去にも国会で何度も出てきた言葉なのに。断固、撤回、修正する必要はない。新聞社やテレビ局に、政府が文書を送り付けたり、幹部を呼び出したりする現状である。新聞やテレビは、大企業の賃金が上がったと伝え、貧しい人たちの生の声を伝えない。政府は、沖縄の知事発言をしっかりと聞かない。

いま、世界のあちこちで、どんなことが起こっているか。フィクションの形を借りてはいるが、映画は、正確に、キチンと「世界」を伝えている。日本の全国会議員、テレビ、新聞などの関係者は全員、「あの日の声を探して」をご覧になることを、強くお勧めする。

Related article

  • 伊勢丹新宿店でISETAN JAPAN SENSES
    伊勢丹新宿店でISETAN JAPAN SENSES
  • 【告知】第二回は「やりすぎバロック」に決定
    【告知】第二回は「やりすぎバロック」に決定
  • 今週末見るべき映画「エル・ブリの秘密」
    今週末見るべき映画「エル・ブリの秘密」
  • 今週末見るべき映画「サイの季節」
    今週末見るべき映画「サイの季節」
  • 今週末見るべき映画「あぁ、結婚生活」
    今週末見るべき映画「あぁ、結婚生活」
  • 今週末見るべき映画「フォックスキャッチャー」
    今週末見るべき映画「フォックスキャッチャー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 2
    伝統と革新のマスターブレンダー、コリン・スコット氏|Interview
  • 3
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 4
    今週末見るべき映画「永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅」
  • 5
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 6
    現代アート作品が誕生する瞬間に立ちあう。サイモン・フジワラ「The Problem of the Rock」
  • 7
    棚田康司展 日本古来の木彫技法「一木造り」
  • 8
    カンヌ・レポート4:カンヌとフランス映画、そして並行部門「監督週間」と「批評家週間」
  • 9
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 10
    「ジャン=ポール・エヴァン」から、年末年始彩る新作が続々

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加