今週末見るべき映画「Mommy/マミー」

2015年 4月 24日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

グザヴィエ・ドランは1989年生まれ。監督作品はまだ4作。撮るごとに、若さゆえの野心に自信が加わり、熟練さが増す。最初に驚いたのが「わたしはロランス」(イズムで紹介)だった。男性という性を捨てた人間の、それでも人を愛することの切なさが、身に沁みた。次に見た「トム・アット・ザ・ファーム」(イズムで紹介)で度肝を抜かれた。緊張感、臨場感たっぷりに、人間の不安な心のうちを、鮮やかな心理描写で貫く。

あわてて、処女作の「マイ・マザー」、主演までした2作目の「胸騒ぎの恋人」を見た。どちらも二十歳そこそこの若者の撮った映画とは思えない。早熟とは言えず、すでに手だれである。もっとも、こういった紋切り型のレッテルを貼られることをグザヴィエ・ドランは嫌っているようだが、本当だから、仕方がない。

5作目となる最新作が「Mommy/マミー」(ピクチャーズデプト配給)である。2015年、地球のとある国カナダで、新しい法案が可決する。発達障がいの児童を持つ親が、児童の養育に関して、経済的、精神的に困難になった場合、養育を放棄、児童を施設に入れる権利がある、というもの。映画は、シングルマザーと多動性障がいを抱えた15歳の息子が、愛情と葛藤に揺れ動くさまを、丁寧に描いていく。そこに、いささか問題を抱えた隣人の女性教師が絡んでくる。


見せ方が老獪。過不足ないセリフのやりとり、カメラのアングル、真四角の映像のサイズ、音楽、衣装デザイン、色彩設計、スローモーションの多用、ただならぬサスペンス、垣間見せるユーモア、だから、映画そのものに、ぐいぐい、引きつけられる。ことさら、新しい映画手法ではないけれど、さまざまな技巧を、案配よく配置し、観客を引きつけて離さない。生まれつきの才能、センス、としか言いようがない。まことに、巧いなあ、と思う。


ちなみに試写では、本編の前に、10分ほどのドキュメンタリー映像「グザヴィエ・ドランのスタイル」が上映された。これはネットでも見ることができるので、ぜひご覧ください。

Related article

  • 甦るアイコン、「山口小夜子 未来を着る人」
    甦るアイコン、「山口小夜子 未来を着る人」
  • ソフィア・コッポラの椿姫 【今週末見るべき映画】
    ソフィア・コッポラの椿姫 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「ニューヨーク 冬物語」
    今週末見るべき映画「ニューヨーク 冬物語」
  • 現代中国を代表する「アイ・ウェイウェイ展—何に因って?」
    現代中国を代表する「アイ・ウェイウェイ展—何に因って?」
  • 新しいルイ・ヴィトン×アート。新宿店でのエキシビション「SERIES 1」開催
    新しいルイ・ヴィトン×アート。新宿店でのエキシビション「SERIES 1」開催
  • ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 2
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 3
    ヘネシー×フューチュラの数量限定アートボトルが発売
  • 4
    メッセージ 【今週末見るべき映画】
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「東ベルリンから来た女」
  • 6
    映画『華麗なるギャツビー』の衣装展がプラダ 青山店で開催中。「CATHERINE MARTIN & MIUCCIA PRADA DRESS GATSBY」
  • 7
    B&Oの新プラズマTVがいよいよ発売に
  • 8
    健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
  • 9
    華やかだけど繊細な大人のためのピアス「Arajera」
  • 10
    ラルフ・ローレンのクラシックカーコレクション

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加