今週末見るべき映画「Mommy/マミー」

2015年 4月 24日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

グザヴィエ・ドランは1989年生まれ。監督作品はまだ4作。撮るごとに、若さゆえの野心に自信が加わり、熟練さが増す。最初に驚いたのが「わたしはロランス」(イズムで紹介)だった。男性という性を捨てた人間の、それでも人を愛することの切なさが、身に沁みた。次に見た「トム・アット・ザ・ファーム」(イズムで紹介)で度肝を抜かれた。緊張感、臨場感たっぷりに、人間の不安な心のうちを、鮮やかな心理描写で貫く。

あわてて、処女作の「マイ・マザー」、主演までした2作目の「胸騒ぎの恋人」を見た。どちらも二十歳そこそこの若者の撮った映画とは思えない。早熟とは言えず、すでに手だれである。もっとも、こういった紋切り型のレッテルを貼られることをグザヴィエ・ドランは嫌っているようだが、本当だから、仕方がない。

5作目となる最新作が「Mommy/マミー」(ピクチャーズデプト配給)である。2015年、地球のとある国カナダで、新しい法案が可決する。発達障がいの児童を持つ親が、児童の養育に関して、経済的、精神的に困難になった場合、養育を放棄、児童を施設に入れる権利がある、というもの。映画は、シングルマザーと多動性障がいを抱えた15歳の息子が、愛情と葛藤に揺れ動くさまを、丁寧に描いていく。そこに、いささか問題を抱えた隣人の女性教師が絡んでくる。


見せ方が老獪。過不足ないセリフのやりとり、カメラのアングル、真四角の映像のサイズ、音楽、衣装デザイン、色彩設計、スローモーションの多用、ただならぬサスペンス、垣間見せるユーモア、だから、映画そのものに、ぐいぐい、引きつけられる。ことさら、新しい映画手法ではないけれど、さまざまな技巧を、案配よく配置し、観客を引きつけて離さない。生まれつきの才能、センス、としか言いようがない。まことに、巧いなあ、と思う。


ちなみに試写では、本編の前に、10分ほどのドキュメンタリー映像「グザヴィエ・ドランのスタイル」が上映された。これはネットでも見ることができるので、ぜひご覧ください。

Related article

  • ルイ・ヴィトンの森が六本木にやってきた!
    ルイ・ヴィトンの森が六本木にやってきた!
  • 今週末見るべき映画「レッドクリフ PartI」
    今週末見るべき映画「レッドクリフ PartI」
  • 多様な世界を等価に映し出す「アンドレアス・グルスキー展」
    多様な世界を等価に映し出す「アンドレアス・グルスキー展」
  • アカデミー賞8部門受賞「スラムドッグ$ミリオネア」
    アカデミー賞8部門受賞「スラムドッグ$ミリオネア」
  • 今週末見るべき映画 「人生に乾杯!」
    今週末見るべき映画 「人生に乾杯!」
  • 今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    フォトギャラリー:Design Miami/ Baselが開幕
  • 3
    グラフィックデザイナーによる本のデザインを展示
  • 4
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 5
    トップスポーツモデル「アウディTT RSクーペ」
  • 6
    ミラノサローネ2015|Vol.3 今年は照明「ユーロルーチェ」
  • 7
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • 8
    フラワーアーティスト東信氏が率いる「AMKK」による「the POOL」、期間限定オープン
  • 9
    気鋭のデザイナー、ハイメ・アジョンを起用し飛躍するリヤドロ
  • 10
    表参道ヒルズが2周年、記念イベント開催中

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加