今週末見るべき映画「Mommy/マミー」

2015年 4月 24日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

グザヴィエ・ドランは1989年生まれ。監督作品はまだ4作。撮るごとに、若さゆえの野心に自信が加わり、熟練さが増す。最初に驚いたのが「わたしはロランス」(イズムで紹介)だった。男性という性を捨てた人間の、それでも人を愛することの切なさが、身に沁みた。次に見た「トム・アット・ザ・ファーム」(イズムで紹介)で度肝を抜かれた。緊張感、臨場感たっぷりに、人間の不安な心のうちを、鮮やかな心理描写で貫く。

あわてて、処女作の「マイ・マザー」、主演までした2作目の「胸騒ぎの恋人」を見た。どちらも二十歳そこそこの若者の撮った映画とは思えない。早熟とは言えず、すでに手だれである。もっとも、こういった紋切り型のレッテルを貼られることをグザヴィエ・ドランは嫌っているようだが、本当だから、仕方がない。

5作目となる最新作が「Mommy/マミー」(ピクチャーズデプト配給)である。2015年、地球のとある国カナダで、新しい法案が可決する。発達障がいの児童を持つ親が、児童の養育に関して、経済的、精神的に困難になった場合、養育を放棄、児童を施設に入れる権利がある、というもの。映画は、シングルマザーと多動性障がいを抱えた15歳の息子が、愛情と葛藤に揺れ動くさまを、丁寧に描いていく。そこに、いささか問題を抱えた隣人の女性教師が絡んでくる。


見せ方が老獪。過不足ないセリフのやりとり、カメラのアングル、真四角の映像のサイズ、音楽、衣装デザイン、色彩設計、スローモーションの多用、ただならぬサスペンス、垣間見せるユーモア、だから、映画そのものに、ぐいぐい、引きつけられる。ことさら、新しい映画手法ではないけれど、さまざまな技巧を、案配よく配置し、観客を引きつけて離さない。生まれつきの才能、センス、としか言いようがない。まことに、巧いなあ、と思う。


ちなみに試写では、本編の前に、10分ほどのドキュメンタリー映像「グザヴィエ・ドランのスタイル」が上映された。これはネットでも見ることができるので、ぜひご覧ください。

Related article

  • 世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
    世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
  • ムービー:村上隆ヴェルサイユ個展のメイキング
    ムービー:村上隆ヴェルサイユ個展のメイキング
  • 日本とモンゴルをつなぐ展覧会|震災支援
    日本とモンゴルをつなぐ展覧会|震災支援
  • いま世界が注目するアーティスト、名和晃平「L_B_S」展
    いま世界が注目するアーティスト、名和晃平「L_B_S」展
  • Interview:フルーツという、時を刻むオブジェクト。
    Interview:フルーツという、時を刻むオブジェクト。
  • マネキン型ロボットのレンタル・販売が開始
    マネキン型ロボットのレンタル・販売が開始

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 3
    春のコーディネートに刺激を与えるアートTシャツ
  • 4
    「ポルシェ918スパイダー」初期プロトモデルの公道テストスタート
  • 5
    新ボンドガールも愛用、ヴァレンティノのパーティドレス
  • 6
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 7
    日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
  • 8
    iPadに「秋の東京デザイン祭り、完全報告。」を無料配信開始
  • 9
    ハイアット リージェンシー 東京で、クリスマスケーキを
  • 10
    ポルシェ限定モデル「911 ブラックエディション」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加