パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』

2015年 3月 23日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

Coins de Paris par Shinsuke vol.08
ゲスト : ユリスとジョン


ポンヌフは新橋という名のパリ一古い橋。ブルガリア人アーティストのクリストが1985年にこの橋を2週間の期間、布で完全に覆いつくす作品を発表した。既にパリに住んでいた僕に、このクラシックな街と前衛アートのコラボレーションは、ただ驚かされただけでなく美しく、今も鮮明に記憶に残っている。彼は他にも世界中で、美術館を包んだり、島や海岸線などの輪郭をマークしたり、途方もない構想のアーティストなのだ。

パリ左岸側のこのエリアはアンティーク商やギャラリーが軒を連ね、美術大学Beaux Artもあるということで、永くアートの中心的エリアだった。しかし現代アートではある意味、マレ地区にすっかりそのリーダー的ポジションは譲ってしまった感が拭えない。

しかし、あえて自分たちの生まれ育った地域で、4年前新しいアートギャラリー「l'inlassable Galerie」を始めた若干25歳の2人組ユリスとジョンが今回のゲストだ。

l'inlassable Galerie :13,rue de Nevers 75006 & 18, rue Dauphine 75006

Related article

  • フォトギャラリー:吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」
  • Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」
    Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」
  • 27日から「小谷元彦展 幽体の知覚」
    27日から「小谷元彦展 幽体の知覚」
  • フォトギャラリー:「オルセー美術館展2010」の舞台裏(1)
    フォトギャラリー:「オルセー美術館展2010」の舞台裏(1)
  • more trees企画の写真展「TOUCH WOOD」開催中
    more trees企画の写真展「TOUCH WOOD」開催中
  • 「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」開催中
    「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」開催中

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「タンゴ・リブレ 君を想う」
  • 2
    真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    ミラノサローネ―トルトーナの日本企業、今年はどうだった?
  • 5
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 6
    ハイメ・アジョンのヴィヴィッドな家具が発売
  • 7
    日本の一番面白いアートシーンが! 六本木クロッシング
  • 8
    チャリティアルバム「SONGS FOR JAPAN」が25万ダウンロード
  • 9
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • 10
    Mac Proがアップデート、Nehalemプロセッサを搭載

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加