パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』

2015年 3月 23日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユリスに会ったのは、10年前。ユリス15歳、妹のエレオノー13歳、僕の友達の子供たちが同じ学校だったことで知り合うことになった。その当時から既にスタイルがあり、環境もあるだろうけれど、旅もし、アートにも造詣を深めていたおもしろい子供たちで、話していてとても楽しく親を飛び越して彼らと仲良くなっていった。

彼女ができたらデートのレストラン相談にのったりも含め。そして彼らの回りの友達達も音楽家になったり、女優を始めたり、画家になったり。自由で恵まれた環境の中、自分のスタイルを見つけつつ、21歳でギャラリーオーナーとしてスタート。

ビジネスパートナーのジョンも同じクラスメート。彼らの強みは若さと友情、自由。まるで映画のようなのだ。まず、友達たちの作品を発表することから始めた。たった4年で、今では、マイヤミ、ニューヨーク、バーゼル等のフェアにも参加するほど。独占契約を結んでる一人に、世界的アーティスト、マルチェロ・バルセロの娘、マルセラもいる。彼女も大注目されている新人アーティスト。ギャラリーは、ドーフィヌ通りがウインドーだけのギャラリーで、裏通りネヴェー通りの元ガレージスペースが彼らの城。


ミュージシャンでもあるジョンは中庭にあるお父さん所有の音楽スタジオで自らのアルバム制作も続けている。シックなボヘミアン達なのだ。


Related article

  • 28日から「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」展
    28日から「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」展
  • 何気なく、みずみずしい日常の瞬間を描くナターシャ・ロウ
    何気なく、みずみずしい日常の瞬間を描くナターシャ・ロウ
  • 今週末見るべき映画「バツイチは恋のはじまり」
    今週末見るべき映画「バツイチは恋のはじまり」
  • 「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」開催中
    「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」開催中
  • 美しき“R”。ジャスパー・モリソンが語る、ラドー新作「r5.5」
    美しき“R”。ジャスパー・モリソンが語る、ラドー新作「r5.5」
  • 建築家・隈研吾の手により、根津美術館がリニューアル
    建築家・隈研吾の手により、根津美術館がリニューアル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 2
    鈴木理策が語るセザンヌの魅力
  • 3
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 4
    カルティエ、マニュファクチュールであることの威信
  • 5
    世界最小機械式ムーブメント、ジャガー・ルクルト80周年モデル
  • 6
    思わずウィーンを旅したくなる「ウィーントラベルブック」
  • 7
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
  • 8
    サムリ・ナーマンカ アート・アンド・インダストリー展
  • 9
    今週末見るべき映画「恐怖分子」
  • 10
    クリスマスまでの心躍る特別な12日間~パーク ハイアット 東京

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加