新進気鋭のアーティストLing Meng世界初個展|Specimens of Time -時間の標本-

2015年 4月 10日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代を担うアーティストの発掘を得意とするDIESEL ART GALLERY。そこで、3月6日から開催されている展覧会「Specimens of Time-時間の標本-」が注目を集めている。中国のアート界を牽引する作家、Ling Meng(リン・メン)の世界初個展となる本展は、実に優美で儚い印象を残す展覧会だ。


リン・メン氏は中国出身のインディペンデントアーティスト。デザイン、イラストレーション、タイポグラフィーデザイン、インスタレーション、彫刻、ファッションなど様々な分野で活躍しているが、もともとは大学でコンピューターサイエンスを学び、ソフトウェアのデベロッパーとしてのキャリアをもつ。その経歴を知ると、本展の作品の数々が納得できるのではないだろうか。本人も「僕が最近挑戦しているのは、アートと科学をミックスすることです」と語っている。

そして、本展のタイトルにある「標本」というワードは、まさに科学を連想させる言葉だが、「時間」を標本するという考え方は非常にアーティストらしい。もちろん実際に標本しているのは、植物、花、鉱物や土などであるわけだが、それらを独自の方法で収集し、ポートレートにすることで、その自然の産物たちに「永遠の時間」を与えるという。標本になった瞬間、自然の産物たちは死を迎えることになる。しかし、それと引き換えに造形の美しさと失われない時間を得るのだ。

Related article

  • 草間彌生の宇宙が広がる、「とこしえの愛の部屋」写真展
    草間彌生の宇宙が広がる、「とこしえの愛の部屋」写真展
  • 青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み
    青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み
  • 今週末見るべき映画「2つ目の窓」
    今週末見るべき映画「2つ目の窓」
  • 里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • Interview:エドワード・バーバー氏・ジャパンクリエイティブ
    Interview:エドワード・バーバー氏・ジャパンクリエイティブ
  • パリの街角vol.13『エロトクリトス with シンスケ』
    パリの街角vol.13『エロトクリトス with シンスケ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デザインプロダクト最新作-ドイツ「アンビエンテ」レポート【後編】 
  • 2
    デザインアワード受賞作品を先行販売。コクヨの限定商品が買える「コクヨハク」3日間限定オープン
  • 3
    今週末見るべき映画「白夜のタンゴ」
  • 4
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 5
    今週末見るべき映画「奇蹟がくれた数式」
  • 6
    旅する香港、最新食事情(1)
  • 7
    フィンランドデザインで埋め尽くされる10日間
  • 8
    今週末見るべき映画「消えた声が、その名を呼ぶ」
  • 9
    デンマークのインテリアブランド「Ferm」のウォールステッカー
  • 10
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加