新進気鋭のアーティストLing Meng世界初個展|Specimens of Time -時間の標本-

2015年 4月 10日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代を担うアーティストの発掘を得意とするDIESEL ART GALLERY。そこで、3月6日から開催されている展覧会「Specimens of Time-時間の標本-」が注目を集めている。中国のアート界を牽引する作家、Ling Meng(リン・メン)の世界初個展となる本展は、実に優美で儚い印象を残す展覧会だ。


リン・メン氏は中国出身のインディペンデントアーティスト。デザイン、イラストレーション、タイポグラフィーデザイン、インスタレーション、彫刻、ファッションなど様々な分野で活躍しているが、もともとは大学でコンピューターサイエンスを学び、ソフトウェアのデベロッパーとしてのキャリアをもつ。その経歴を知ると、本展の作品の数々が納得できるのではないだろうか。本人も「僕が最近挑戦しているのは、アートと科学をミックスすることです」と語っている。

そして、本展のタイトルにある「標本」というワードは、まさに科学を連想させる言葉だが、「時間」を標本するという考え方は非常にアーティストらしい。もちろん実際に標本しているのは、植物、花、鉱物や土などであるわけだが、それらを独自の方法で収集し、ポートレートにすることで、その自然の産物たちに「永遠の時間」を与えるという。標本になった瞬間、自然の産物たちは死を迎えることになる。しかし、それと引き換えに造形の美しさと失われない時間を得るのだ。

Related article

  • 19日からGEISAI大学 第3シーズンが開講
    19日からGEISAI大学 第3シーズンが開講
  • 銀座のど真ん中にヤノベケンジ作品が出現
    銀座のど真ん中にヤノベケンジ作品が出現
  • ビブリオファイル Cruising 4月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 4月のおすすめ
  • 今週末見るべき映画「イタリアは呼んでいる」
    今週末見るべき映画「イタリアは呼んでいる」
  • 31日より「パウル・クレー おわらないアトリエ」
    31日より「パウル・クレー おわらないアトリエ」
  • 近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
    近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「インテリア ライフスタイル」2010レポート
  • 2
    静かに愉しめる、セントーサ島ナイトスポット/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(5)
  • 3
    ±0 青山本店が5周年、新製品発表
  • 4
    自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
  • 5
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」
  • 6
    ロンドン2012フェスティバルで圧倒される、デイヴィッド・ホックニー企画展
  • 7
    オーデマ・ピゲ創業135周年、記念限定モデルがお披露目
  • 8
    陶酔のシャネル2013-14年秋冬オートクチュールコレクション
  • 9
    ザ・コンランショップに新作アウトドア家具
  • 10
    毎年恒例、ジバンシイの七夕限定キット

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加