新進気鋭のアーティストLing Meng世界初個展|Specimens of Time -時間の標本-

2015年 4月 10日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代を担うアーティストの発掘を得意とするDIESEL ART GALLERY。そこで、3月6日から開催されている展覧会「Specimens of Time-時間の標本-」が注目を集めている。中国のアート界を牽引する作家、Ling Meng(リン・メン)の世界初個展となる本展は、実に優美で儚い印象を残す展覧会だ。


リン・メン氏は中国出身のインディペンデントアーティスト。デザイン、イラストレーション、タイポグラフィーデザイン、インスタレーション、彫刻、ファッションなど様々な分野で活躍しているが、もともとは大学でコンピューターサイエンスを学び、ソフトウェアのデベロッパーとしてのキャリアをもつ。その経歴を知ると、本展の作品の数々が納得できるのではないだろうか。本人も「僕が最近挑戦しているのは、アートと科学をミックスすることです」と語っている。

そして、本展のタイトルにある「標本」というワードは、まさに科学を連想させる言葉だが、「時間」を標本するという考え方は非常にアーティストらしい。もちろん実際に標本しているのは、植物、花、鉱物や土などであるわけだが、それらを独自の方法で収集し、ポートレートにすることで、その自然の産物たちに「永遠の時間」を与えるという。標本になった瞬間、自然の産物たちは死を迎えることになる。しかし、それと引き換えに造形の美しさと失われない時間を得るのだ。

Related article

  • 今週末見るべき映画「グレート・ビューティー/追憶のローマ」
    今週末見るべき映画「グレート・ビューティー/追憶のローマ」
  • 第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影
    第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影
  • シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
    シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
  • 【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
    【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • パリの街角vol.12『ヤズブキー with シンスケ』
    パリの街角vol.12『ヤズブキー with シンスケ』
  • iPhoneケースの新スタンダード「InkCase i6」
    iPhoneケースの新スタンダード「InkCase i6」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 2
    伝統と革新のマスターブレンダー、コリン・スコット氏|Interview
  • 3
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 4
    今週末見るべき映画「永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅」
  • 5
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 6
    現代アート作品が誕生する瞬間に立ちあう。サイモン・フジワラ「The Problem of the Rock」
  • 7
    棚田康司展 日本古来の木彫技法「一木造り」
  • 8
    カンヌ・レポート4:カンヌとフランス映画、そして並行部門「監督週間」と「批評家週間」
  • 9
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 10
    「ジャン=ポール・エヴァン」から、年末年始彩る新作が続々

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加