新進気鋭のアーティストLing Meng世界初個展|Specimens of Time -時間の標本-

2015年 4月 10日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代を担うアーティストの発掘を得意とするDIESEL ART GALLERY。そこで、3月6日から開催されている展覧会「Specimens of Time-時間の標本-」が注目を集めている。中国のアート界を牽引する作家、Ling Meng(リン・メン)の世界初個展となる本展は、実に優美で儚い印象を残す展覧会だ。


リン・メン氏は中国出身のインディペンデントアーティスト。デザイン、イラストレーション、タイポグラフィーデザイン、インスタレーション、彫刻、ファッションなど様々な分野で活躍しているが、もともとは大学でコンピューターサイエンスを学び、ソフトウェアのデベロッパーとしてのキャリアをもつ。その経歴を知ると、本展の作品の数々が納得できるのではないだろうか。本人も「僕が最近挑戦しているのは、アートと科学をミックスすることです」と語っている。

そして、本展のタイトルにある「標本」というワードは、まさに科学を連想させる言葉だが、「時間」を標本するという考え方は非常にアーティストらしい。もちろん実際に標本しているのは、植物、花、鉱物や土などであるわけだが、それらを独自の方法で収集し、ポートレートにすることで、その自然の産物たちに「永遠の時間」を与えるという。標本になった瞬間、自然の産物たちは死を迎えることになる。しかし、それと引き換えに造形の美しさと失われない時間を得るのだ。

Related article

  • 金沢21世紀美術館10周年で、「あじわい」がテーマのユニークな展示
    金沢21世紀美術館10周年で、「あじわい」がテーマのユニークな展示
  • 開催迫る!2日間限定の雪アートプロジェクト
    開催迫る!2日間限定の雪アートプロジェクト
  • 麗しき女性たち マルティーヌ・フランク写真展
    麗しき女性たち マルティーヌ・フランク写真展
  • 吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展
    吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展
  • ジュエリーのように輝くガラスのアート、ジャン=ミシェル オトニエルの日本初個展
    ジュエリーのように輝くガラスのアート、ジャン=ミシェル オトニエルの日本初個展
  • 浅草発のデザインのエキシビション「TOKYO L」が開催
    浅草発のデザインのエキシビション「TOKYO L」が開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「Onyx」の何度でも使える、次世代アイスキューブ
  • 2
    今週末見るべき映画「ヤコブへの手紙」
  • 3
    フォトギャラリー:フェラーリ 599GTO
  • 4
    グッチ銀座から期間限定「ホワイト グッチチョコレート」
  • 5
    ダイソンの新製品は、蛇口と一体型の「ハンドドライヤー」です
  • 6
    リビング・モティーフの2011年クリスマスギフト
  • 7
    Thank You ! ヴァージン アトランティック航空(5)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 8
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 9
    BMW最新コンセプトにデジタルテクノロジー満載
  • 10
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加