甦るアイコン、「山口小夜子 未来を着る人」

2015年 4月 20日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人、いやアジア人初の女性トップモデルとして、東洋の神秘的な美しさの具現者であった山口小夜子。その永遠の美が甦る「山口小夜子 未来を着る人」展が東京都現代美術館で開催されている。

「三宅一生『馬の手綱』を着た小夜子」 撮影:横須賀功光 1975年

山口小夜子は、1972年にパリ・コレクションにアジア系では初のトップモデルとして登場。おかっぱの黒髪、切れ長の目元、東洋的な美で瞬く間にトップモデルとしてパリとニューヨーク・コレクションで活躍し、ニューズウィーク誌が選ぶ「世界のトップモデル4人」にも選出された。1973年から資生堂の専属モデルとして、日本人女性の美を広く国内外にアピールした。その際立った印象は、今も人の記憶にのぼり、鮮烈だ。

「資生堂 舞」 ポスター 撮影:横須賀功光 AD:中村誠 1978年

Related article

  • 「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催
    「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催
  • ファインダイニングとシガーの魅力を知る特別講座、ヒルトン東京で開催
    ファインダイニングとシガーの魅力を知る特別講座、ヒルトン東京で開催
  • 浅草発のデザインのエキシビション「TOKYO L」が開催
    浅草発のデザインのエキシビション「TOKYO L」が開催
  • 「ウィリアム エグルストン: パリ−京都」開幕
    「ウィリアム エグルストン: パリ−京都」開幕
  • 現代美術作家、村山留里子氏
    現代美術作家、村山留里子氏
  • 東京に舞い降りた「雪」の世界、曽根裕展
    東京に舞い降りた「雪」の世界、曽根裕展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ルイの9番目の人生 【今週末見るべき映画】
  • 2
    ベロニカとの記憶 【今週末見るべき映画】
  • 3
    自然から料理を創造する異色の料理人、ミシェル・ブラス来日
  • 4
    注目にはドッカーン加速で。ラクで楽しいNM4|試乗レポート
  • 5
    250周年を迎えたバカラより、涼しげな日本限定グラスを
  • 6
    草間彌生ケータイ誕生、auの新ブランド「iida」
  • 7
    ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
  • 8
    今週末見るべき映画「ドストエフスキーと愛に生きる」
  • 9
    NYのグラフィティーアーティスト、スティーブン・パワーズ日本初個展
  • 10
    普遍と不変の違いとは

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加