見慣れた日常に異化をもたらす|「still moving」展

2015年 5月 1日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都駅から徒歩数分に位置する崇仁地区。人口減少、高齢化などにより空き地や空き家が目立つこの場所は、近代になってつくられた柳原村がその歴史のはじまりといわれる、人々の濃密な生活が息づく町である。

地域内には高瀬川と鴨川という二つの川が流れ、水辺の豊かな空間が広がっている。今も春には桜が咲き乱れ、かつてここが生き生きとした生活の場であったことを忍ばせる。


今はフェンスに囲まれた空き地ばかりが目立つこのエリアだが、以前は集合住宅や現在は廃校になったが小学校があり子どもたちの声が聞こえ、住宅とともに商店などが軒を連ねていた。

大正末期から戦後まで続いた道路拡張・下水道整備などの地区改善整理事業、高度経済成長期には、町の中心を横断するように東海道新幹線、東海道本線、奈良線の線路が相次いで計画され町を二分し、風景を変容させた。

人影もまばらになったこの地には、明治から大正にかけて経済を支えた柳原銀行が柳原銀行記念資料館として復元移築され、わずかにこの地の歴史を伝えている。


京都駅にほど近いこの地には、10年以内という近い将来、京都市立芸術大学が移転するという計画が進んでいる。この場所で行なわれる「still moving」展は、京都にゆかりのある作家や、海外アーティストら、国内外のアーティストが参加する現代美術のエキシビションである。

Related article

  • インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • あの“ティム・バートン”の展覧会が日本初上陸!
    あの“ティム・バートン”の展覧会が日本初上陸!
  • 写真とは何か?「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」
    写真とは何か?「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」
  • Interview: ヤノベケンジ、ステンドグラス「Sun Child」
    Interview: ヤノベケンジ、ステンドグラス「Sun Child」
  • 舞台「プルートゥ PLUTO」レビュー
    舞台「プルートゥ PLUTO」レビュー
  • モネ、ルノワールのパトロンでもあった、ギュスターヴ・カイユボット
    モネ、ルノワールのパトロンでもあった、ギュスターヴ・カイユボット

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:ボルボ C70
  • 2
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 3
    カルト的人気を集める五木田智央、美術館展開催
  • 4
    新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
  • 5
    ロールス・ロイスがブランドムービー「スピリット・オブ・エクスタシー」を公開
  • 6
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 7
    フェミニンに生まれ変わったブルガリ・ブルガリ
  • 8
    「けはいに ふれる」クリスマスディスプレイ
  • 9
    震災で進化した仙台伝統工、玉虫塗プロダクト「TOUCH CLASSIC」
  • 10
    メルセデス-AMGから新しい歴史が紡がれる。「AMG GT」デビュー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加