希有な体験を生み出す光の空間|吉岡徳仁 ガラスの茶室-光庵

2015年 5月 14日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラスの茶室が置かれている環境には、青龍殿奥殿、空、山の頂に生える樹々の頂だけがわずかに見える。ステンレスミラーのフレームは光を反射しガラスと同じように透明になり、自然と一体となる。花や掛け軸もないが、光庵では「光」がその役割を果たしている。天気がよい日にはガラスの茶室に目を凝らすと、太陽の光とプリズムによって天井から虹色が出現する自然の演出をみることができる。


日本の伝統や茶室そのものではなく、それが生まれる原点である日本人の文化の根源を問い直すこのガラスの茶室にみられる「透明性」とは、吉岡徳仁氏が長年追い続けてきたテーマ。それは、光や空気といった目には見えなくても、さまざまなものに影響を与える物質を越える力をもったものだ。


吉岡氏はこれまでも詩的な美しさをもった空間やインスタレーション、プロダクトのデザインで重力やイメージから解放するような透明性と向き合ってきた。

「光は体験そのもの」という吉岡氏の言葉が示す通り、「ガラスの茶室-光庵」には建築やプロダクトが宿命的にもつ物質性を越えた何かが潜んでいる。また、光がもつ揺らぎをともなった流動性、決して掴むことのできない刹那的なその存在を考えると、光庵が建築が本来拠り所とするべき基礎をもたず、ただそこに「置かれている」という軽やかさをもった状況も、水や結晶といった、自身がデザインするものがもつその透明性で、光そのものを捉え直し物質性から解放する吉岡氏のデザイン手法とつながっている。

Related article

  • ジュエリーデザイナー マルコム・ゲール|反骨精神が織り成すエレガンス|Interview
    ジュエリーデザイナー マルコム・ゲール|反骨精神が織り成すエレガンス|Interview
  • サローネよりも面白い?  「ポスト・フォッシル」展
    サローネよりも面白い? 「ポスト・フォッシル」展
  • フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 本格派デザイン家電、ミーレから続々と
    本格派デザイン家電、ミーレから続々と
  • 「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展が開幕
    「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展が開幕
  • 初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結

Prev & Next

Ranking

  • 1
    iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
  • 2
    ランボルギーニ「アヴェンタドール J」を世界初公開
  • 3
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 4
    「イスラエル映画傑作選」 東京フィルメックスレポート
  • 5
    「レンジローバー・イヴォーク5ドア」が初公開
  • 6
    ザハ・ハディドのソファ、B&B Italia新作
  • 7
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • 8
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 9
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」
  • 10
    今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加