今週末見るべき映画「ゼロの未来」

2015年 5月 15日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

テリー・ギリアムは、その斬新な映像で、いつも楽しませてくれる映画作家だ。もはや伝説となった「未来世紀ブラジル」。ジェフ・ブリッジスとロビン・ウィリアムズががっぷりと組んだ「フィッシャー・キング」。亡くなったヒース・レジャーの後を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継いだ「Dr.パルナサスの鏡」などなど。どれも、華麗な美意識に裏打ちされたテリー・ギリアムの奔放な世界に、引き込まれてしまう。新作「ゼロの未来」(ショウゲート配給)もまた、期待通り、テリー・ギリアムの美意識が炸裂する。


近未来。頭脳明晰なプログラマー、コーエン・レスという男が、「エンティティ解析」というデータ解析を続けている。コーエンは、「人生の意味」を教えてくれるという電話を待ち続けている。そのために、自宅での勤務を申し出る。マンコム社は、コーエンの希望を認める。自宅での新たな任務は、数式「ゼロ」の解明である。

上司が、コーエンをパーティに連れ出す。そこで、コーエンは、ベインズリーという美女と出会う。めくるめくような映像が頻出する。コーエンは、ある場所に旅だっていく。それは、現実なのか、仮想の現実なのかは分からない。観客は、コーエンと共に、人生の意味とは何か、人生にとっての幸せとは何かを、考えることになる。


テリー・ギリアム作品らしい、相変わらずの風変わりな映像が続出する。ニヤニヤする。クスクス笑える。劇中、コーエンの操作するコンピューターからは、人間の手が出てくる。もう、笑える。「オキュパイ・モール・ストリート」と称するショッピング・センターが登場する。2011年、ウォール街での、政治や経済への抗議活動、「オキュパイ・ウォール・ストリート」(ウォール街を占拠せよ)のもじりだろう。これも笑える。車道には、あらゆる動作が禁止の標識が、どっさり出ている。そこに、立ったままペダルを踏む自転車が通る。遊び心たっぷりである。さらに、テリー・ギリアム作品だからこその著名な俳優が、思わぬところで顔を出す。だれが、どこで、どのような形でカメオ出演するかは、ご覧になってのお楽しみだろう。

Related article

  • 銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
    銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
  • 光をくれた人【今週末見るべき映画】
    光をくれた人【今週末見るべき映画】
  • インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
    インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
  • 今週末見るべき映画「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-」
    今週末見るべき映画「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-」
  • アウディ創立100周年記念、世界最大QRコード製作
    アウディ創立100周年記念、世界最大QRコード製作
  • 「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 2
    フォトギャラリー:空気の器 ワークショップ
  • 3
    20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
  • 4
    夏の銀座でジャパンカルチャーを楽しむ 『銀座三越 アート&クリエーション』
  • 5
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(1)
  • 6
    1+1の贅沢。ジャガーF-TYPE Coupé
  • 7
    フィン・ユールの北欧家具とその作り手—特別展が名古屋で
  • 8
    エレクトロラックスが選んだ、未来のキッチン
  • 9
    素のままが美しい-メトロクスでアンジェロ・マンジャロッティの家具が復刻
  • 10
    暮らしをより豊かに、人生を変える一杯のコーヒー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加