『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「ゼロの未来」

2015年 5月 15日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

主人公コーエンに扮するのは、多くの映画で、さまざまな役柄をこなし、まことに達者な演技をみせるクリストフ・ヴァルツ。コーエンに重要な秘密を教える若者ボブには、ルーカス・ヘッジスが扮する。ウェス・アンダーソン監督の「ムーンライズ・キングダム」(イズムで紹介)や「グランド・ブダペスト・ホテル」(イズムで紹介)で、こましゃくれた少年役だったが、ここでは立派な若者に成長、堅実な演技を披露する。


1945年に「動物農場」、1949年に「1984年」と、いずれも近未来小説の傑作を書いたイギリスの作家ジョージ・オーウェルは言う。「自由とは、人の聞きたがらないことを言う権利である」と。テリー・ギリアムの多くの作品に通底するのは、まさにこのことだろう。とっつきやすい映画ではないが、楽しい映画である。そして、その先で、観客に思考を迫り、想像力を刺激してくる。人間にとっての「人生とは?」、「幸せとは?」、「自由とは?」を考えるヒントは、テリー・ギリアムの映画にあふれている。

Related article

  • シャンパーニュメゾンとクリストフルの華麗なコラボ
    シャンパーニュメゾンとクリストフルの華麗なコラボ
  • フラワーアーティスト東信氏が率いる「AMKK」による「the POOL」、期間限定オープン
    フラワーアーティスト東信氏が率いる「AMKK」による「the POOL」、期間限定オープン
  • 今週末見るべき映画「妻への家路」
    今週末見るべき映画「妻への家路」
  • 今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」
    今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」
  • ベネッセハウス(香川・直島)/日本を巡る、アートな旅(1)
    ベネッセハウス(香川・直島)/日本を巡る、アートな旅(1)
  • 今週末見るべき映画「アリスのままで」
    今週末見るべき映画「アリスのままで」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 6
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 7
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 8
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 9
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 10
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加