今週末見るべき映画「ゼロの未来」

2015年 5月 15日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Story】
少し先の未来。天才的なプログラマー、コーエン・レス(クリストフ・ヴァルツ)は、コンピューターの世界では大企業であるマンコム社に勤めている。仕事は、「エンティティ解析」という、なにやらむずかしいデータ解析である。暑いせいか、コーエンは自宅では素っ裸で過ごしている。


コーエンは、人生の意味を教えてくれるはずの電話を待ちわびている。それには、会社に行くよりも、自宅で仕事をしたほうが電話を受けるチャンスがあるはずである。コーエンは、上司のジョビー(デヴィッド・シューリス)を通して、会社の代表であるマネージメントに面談を求める。

ジョビーは、あるパーティにコーエンを誘う。あまり気乗りしないまま、コーエンはパーティ会場に顔を出す。そこで、コーエンは、やっとマネージメントに出会い、在宅勤務を申し出る。しぶしぶながら、会社はコーエンの希望を受け入れる。

コーエンの自宅は、古い教会を改装したような変てこな家である。コーエンに課せられた新しい仕事は、「ゼロ」という数式の解明である。なにやら、この数式は、解明するのがやっかいで、仕事はちっともはかどらない。待ちわびている電話も、かかってこない。コーエンのイライラが募る。

コーエンのストレスが最大限に達する。ついにコーエンは、自分のコンピューターを壊してしまう。そこに突然、コーエンのところに、以前パーティで知り合った女性ベインズリー(メラニー・ティエリー)が訪ねてくる。ベインズリーは優しく、明るく、美人である。人間嫌いのコーエンは、ベインズリーには少しずつだが心を開き、やがて、ふたりは打ち解けていく。

Related article

  • 今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
    今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
  • その名に恥じぬ一歩を。第27回東京国際映画祭の全容
    その名に恥じぬ一歩を。第27回東京国際映画祭の全容
  • 今週末見るべき映画 「白い馬の季節」
    今週末見るべき映画 「白い馬の季節」
  • 近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
    近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
  • 今週末見るべき映画「最高の花婿」
    今週末見るべき映画「最高の花婿」
  • 今週末見るべき映画「カプチーノはお熱いうちに」
    今週末見るべき映画「カプチーノはお熱いうちに」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    天然の黄金色が美しい、奇跡のような植物のジュエリー
  • 2
    ハイメ・アジョン来日、伊勢丹新宿店×デザインタイド
  • 3
    ひとときも飽きることがない|ワン&オンリー・リーティラ|モルディブ
  • 4
    今週末見るべき映画「バレエに生きる ~パリ・オペラ座のふたり~」
  • 5
    今週末見るべき映画「マリア・カラスの真実」
  • 6
    GoogleがVRヘッドセット「Cardboard」を発表
  • 7
    ジャン・レノ主演、IWC「ポルトギーゼ」映画上映パーティ
  • 8
    次世代のロフト「有楽町LOFT」が1日オープン
  • 9
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 10
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加