バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー

2015年 5月 21日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

#03.思い、感情…抱えている問題をメタファー化させて、作品に投影する


-こちらは、素材がバルーンとは思えないほど重厚感のある作品ですね。

河田:僕が思うに、バルーンって、すごく難しい生き物なんです。いわゆる“風船”って、浮くイメージがあるじゃないですか? それを壊さないかぎり、バルーンに飲まれてしまうといいますか、甘くみていると、あまりいい表現方法が取れないというか、イメージ通りに引っ張られてしまって、ポップカルチャーのシーンの中でしか表現できなくなると思うんです。

当然、ヘリウムガスを入れなければ浮かないものだし、割れますし、そんなに甘いものではないという存在を作った上で、なおかつ今、自分たちが抱えている“問題”をバルーンの中に入れて、逆に重くして、ビジュアル化させていくという手法を取ってきました。作品の中には、ほぼ、“問題”が入っているんですよね。

-“問題”とは、何ですか? 思いや感情などのことですか?

河田: ひと言でまとめるのは難しいのですが、思い、感情…そうですね。僕自身、思いつくかぎりのアイデアは全部、ノートに描いて吐き出すタイプでして、言葉もしかりですが、作品を作っていく過程において、とにかくたくさんの絵や図を描きます。これは、自分の思考や感情を整理するためでもありますが、図式化した方が、頭の中にあることを人に伝える時、うまく“伝わるように伝えられるようになった”ことに気づきました。

“問題”は、そのノートの中で浮上してくるごく個人的なものです。例えば、「ああ、自分はどうして、こんなに人とうまくいかないんだろう?」と人間関係に悩んでいる時、相対性などを色々と考えつつ、ひとつの図を描きます。「ここがうまく作用しないのはなぜ?」 「この人との間には、何の壁があるんだろう?」―そうした思いや感情を“自分”というフィルターを通してメタファー化させて、作品に投影するんです。思いや悩みがそのまま、むき出しの状態だと何も生まれませんが、今自分に起きている物事と照らし合わせると、見えてくることがあります。

-そうした“問題”は作品作りの上で、細貝さんとも、共有されていますか?

細貝:制作に入る前、河田はいつも、その作品についての考え方やビジュアルの方向性などを微細にわたって説明してくれます。私はそれらを自分の中で砕きつつ、共有しつつ、「なるほど!」と理解できた時に初めて、作品作りに入っていきます。その過程で、「ああ、そうじゃない、こうじゃない」 「もっとこんな感じに…」といったやりとりはもちろん繰り返されます。そうした段階を経て、一つひとつの作品が完成していく感じですね。

Related article

  • 新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
  • 国内トップギャラリーが集う「G-tokyo2011」の見どころ
    国内トップギャラリーが集う「G-tokyo2011」の見どころ
  • シャネルを象徴する素材、ツイードの洗礼
    シャネルを象徴する素材、ツイードの洗礼
  • 27日、一夜限りの「六本木アートナイト」開催
    27日、一夜限りの「六本木アートナイト」開催
  • CIBONE青山に「草間彌生携帯」限定ショップ
    CIBONE青山に「草間彌生携帯」限定ショップ
  • “これからの帽子”を提案。「KAMILAVKA(カミラフカ)」オープン
    “これからの帽子”を提案。「KAMILAVKA(カミラフカ)」オープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 2
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 3
    「デザインタイドトーキョー2009」見どころ、教えます
  • 4
    ランボルギーニ「アヴェンタドール J」を世界初公開
  • 5
    行灯を重ねたような「和のシャンデリア」
  • 6
    フォトギャラリー:「アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネ」
  • 7
    ジャズ名盤講座第33回「Enja+Steeplechase」Enja24選!Steeplechase24選!
  • 8
    ジャズ名盤講座第37回「Candid+Black Lion & Freedom編」Candidの魅力を味わう名盤38選!Black Lion&Freedomの魅力を味わう9選!
  • 9
    世界の90%の人たちを相手にするデザインとは?
  • 10
    吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加