バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー

2015年 5月 21日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

#05.例えるなら、より絵画に近いもの。問題を明確に打ち出す作品作りという新たなステージへ


-夢以外に、インスパイアされるものってありますか?

細貝:私は自然ですね。人工が作り出したものではない自然界の色の組み合わせや模様、構造などに惹かれます。身近なものでいうと、植物の形状などですね。

河田:人間誰しも“個”が中心じゃないですか?となると、一番遠くの果てにあるのは、宇宙かなと。逆に、宇宙からのグラデーションでいくと、空があって、自然があって、人々がいて、自分がいる…となりますよね。もし、皮膚がゼロ地点だとしたら、そこを基点に、同じようなグラデーションが自分の内側に広がっていると僕は考えています。

-自分の内側にも宇宙があるということですか?

そうですね。実際の宇宙を壮大で未知なる世界とはあまり思わないようにしていて、自分の中の宇宙と同じだと考えると、色んなことを照らし合わせることができます。例えば、自分の気持ちの中で“空”にあたるような部分の中で問題があったら、空に置き換えてみたり…グラデーションの中でメタファーとして繋げていくこと自体にインスパイアされるといいますか、これ、伝わりますか?

-目に映るもの、生きていることすべてがインスピレーションという感じでしょうか?

河田 そうですね。全部、置き換えていくんです。

-河田さんは、物事をとても深く掘り下げて考えていらっしゃいますよね。研究者のような印象を受けます。

河田:本当は得意じゃないんですよ。元々、幼児期の感覚運動的段階が続いているような形で、どちらかと言えば、感覚の人間なんです、とことん。自分が主体で外の世界が客体だとしたら、主体ベースの感覚を突き詰めてきたので、それを壊したいというのがありまして。作品にその視点を設けて、客体的に作っていきたいんです。生きていれば皆、色んな問題が出てくると思います。僕自身も色々と問題を抱えている間に、自分のスキームといいますか、領域を作るようになっていったんですよね。

-その領域とはどんなものなのですか?

河田:自分という“個”が4本のラインの真ん中にいたとして、その左右上下には4つの領域ができますよね? そこに自分のスキームをはめるっていう作業をしているんです。アートディレクターとしてのグラフィック目線の領域と、Daisy Balloonのバルーンという領域。これまではこの2つだけでしたが、そこに心理学的な領域と、宇宙の論理的な表現の領域を媒介させることで、日常で起きている色んな出来事がメタファー化しやすくなる。そのことに気づいたんです。

-より自由に表現できるということでしょうか?

その通りです。色んなものをメタファー化させたいけれど、今までの2つだと、正直言って逃げ場がなかったんですね。4つあると、どんな問題であっても、そのほとんどはどこかに当てはまる可能性が高くなります。それはひとつの領域かもしれないし、2つかも3つかもしれない。考えながら、それを作品にしていくような流れが次の段階に近いですね。

-ご自身の問題解決の方法を見つけられたんですね。今後も、ブックとして作品を残していく予定ですか?

そうですね。ただ、これまでの2作は“質感”を発表してそれにコンセプトをつなげていくという作業でしたが、次は問題やコンセプトをビジュアルにつなげていくという逆の発想で作っていきたいと考えています。まだこれからなので、やり始めたら色々と変わってくるかもしれませんが、問題を明確に打ち出していく作品、例えるなら絵画に近いものになってくると思います。今までの実験的な制作も常にその一つずつが本番でしたが、さらに本気を出して、もっと本番に入ってみようかなと。

Related article

  • 銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
    銀座メゾンエルメスで参加型パフォーマンス・アートの展覧会
  • 新宿に「ANTEPRIMA」新コンセプトショップ
    新宿に「ANTEPRIMA」新コンセプトショップ
  • 今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • イサム・ノグチと剣持勇、幻のBamboo Chair
    イサム・ノグチと剣持勇、幻のBamboo Chair
  • 建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
    建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
  • 世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
    世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 7
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 9
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 10
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加