さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」

2015年 5月 18日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年からはじまった太宰府天満宮アートプログラムは、さまざまな分野で活動するアーティストを太宰府の地に招き、滞在・取材を通じ、そこで得たインスピレーションをもとに制作した作品を発表するアートプロジェクト。

ホンマタカシ氏

これまでにライアン・ガンダー、サイモン・フジワラ、日本からも現代美術家の小沢剛らが参加。制作されたの作品の一部は神聖な森に囲まれた太宰府天満宮の千年という歴史と対峙するように、今も境内のなかに静かにたたずむ。

神社で現代アートというと驚く人も多いが、もともと神社やお寺とはその時代の新しいものや人が集まる最先端の場所であり、太宰府天満宮の場合、この地に祀られている菅原道真公が、学問の神様であると同時に、文化の神様であることにも由来している。


9回目となる今回は、写真家のホンマタカシ氏が太宰府天満宮宝物殿、および竈門神社を舞台に「Seeing Itselfー見えないものを見る」と題した作品を発表する。

宝物殿は1928年に開館した福岡県で初めて博物館登録を受けた由緒ある施設。道真公の御佩刀(ごはいとう)など道真公にまつわる宝物をはじめ、古文書、美術工芸品など文化財が約5万点収蔵および展示されている。

展示設営風景

Related article

  • 美しき「可変性」、ジャン=ミシェル オトニエル個展
    美しき「可変性」、ジャン=ミシェル オトニエル個展
  • パリの街角vol.5『入江末男 with シンスケ』
    パリの街角vol.5『入江末男 with シンスケ』
  • 関係性をつくりだす場所と時 「デザインイースト 04 場への愛」
    関係性をつくりだす場所と時 「デザインイースト 04 場への愛」
  • フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 「見て、感じて、買って」同時代アートに触れる、「東京アートウィーク」
    「見て、感じて、買って」同時代アートに触れる、「東京アートウィーク」
  • more trees企画の写真展「TOUCH WOOD」開催中
    more trees企画の写真展「TOUCH WOOD」開催中

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドデザインで埋め尽くされる10日間
  • 2
    ワインオープナー「スクリュープル」30周年記念セット
  • 3
    銀座の新しいスポット「マロニエゲート」がオープン
  • 4
    「エスタブリッシュド&サンズ」日本初ショールームがオープン
  • 5
    究極のフェミニティを装える、ヴェルサーチのフレグランスコフレ限定登場
  • 6
    気鋭のデザイナー、ハイメ・アジョンを起用し飛躍するリヤドロ
  • 7
    素晴らしきかな、人生 【今週末見るべき映画】
  • 8
    ドイツ本国仕様、新型BMW Z4の姿が明らかに
  • 9
    ダ・ドリアデ青山に「スタルク期間限定カフェ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加