さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」

2015年 5月 18日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年からはじまった太宰府天満宮アートプログラムは、さまざまな分野で活動するアーティストを太宰府の地に招き、滞在・取材を通じ、そこで得たインスピレーションをもとに制作した作品を発表するアートプロジェクト。

ホンマタカシ氏

これまでにライアン・ガンダー、サイモン・フジワラ、日本からも現代美術家の小沢剛らが参加。制作されたの作品の一部は神聖な森に囲まれた太宰府天満宮の千年という歴史と対峙するように、今も境内のなかに静かにたたずむ。

神社で現代アートというと驚く人も多いが、もともと神社やお寺とはその時代の新しいものや人が集まる最先端の場所であり、太宰府天満宮の場合、この地に祀られている菅原道真公が、学問の神様であると同時に、文化の神様であることにも由来している。


9回目となる今回は、写真家のホンマタカシ氏が太宰府天満宮宝物殿、および竈門神社を舞台に「Seeing Itselfー見えないものを見る」と題した作品を発表する。

宝物殿は1928年に開館した福岡県で初めて博物館登録を受けた由緒ある施設。道真公の御佩刀(ごはいとう)など道真公にまつわる宝物をはじめ、古文書、美術工芸品など文化財が約5万点収蔵および展示されている。

展示設営風景

Related article

  • 六本木の超高層ビルで自然を感じる「ネイチャー・センス展」
    六本木の超高層ビルで自然を感じる「ネイチャー・センス展」
  • 「チャロー!インディア:インド美術の新時代」展
    「チャロー!インディア:インド美術の新時代」展
  • 熊野を撮り続ける、鈴木理策「CONTACT」展
    熊野を撮り続ける、鈴木理策「CONTACT」展
  • 28日から「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」展
    28日から「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」展
  • サローネよりも面白い?  「ポスト・フォッシル」展
    サローネよりも面白い? 「ポスト・フォッシル」展
  • バスキアのアートと融合した革新的ウォッチ
    バスキアのアートと融合した革新的ウォッチ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 2
    「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」幻のデザイン
  • 3
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 4
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 5
    ビジネスマンの節電対策! 夏を快適にすごす傑作50選
  • 6
    アラーキーこと荒木経惟の、世界最大のポラロイドカメラを使用した写真展が開催
  • 7
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
  • 8
    腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
  • 9
    ボッティチェリらの名作が集結、ウフィツィ美術館展
  • 10
    トーネットの名作、ブラック&ホワイトの記念モデル

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加