さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」

2015年 5月 18日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年からはじまった太宰府天満宮アートプログラムは、さまざまな分野で活動するアーティストを太宰府の地に招き、滞在・取材を通じ、そこで得たインスピレーションをもとに制作した作品を発表するアートプロジェクト。

ホンマタカシ氏

これまでにライアン・ガンダー、サイモン・フジワラ、日本からも現代美術家の小沢剛らが参加。制作されたの作品の一部は神聖な森に囲まれた太宰府天満宮の千年という歴史と対峙するように、今も境内のなかに静かにたたずむ。

神社で現代アートというと驚く人も多いが、もともと神社やお寺とはその時代の新しいものや人が集まる最先端の場所であり、太宰府天満宮の場合、この地に祀られている菅原道真公が、学問の神様であると同時に、文化の神様であることにも由来している。


9回目となる今回は、写真家のホンマタカシ氏が太宰府天満宮宝物殿、および竈門神社を舞台に「Seeing Itselfー見えないものを見る」と題した作品を発表する。

宝物殿は1928年に開館した福岡県で初めて博物館登録を受けた由緒ある施設。道真公の御佩刀(ごはいとう)など道真公にまつわる宝物をはじめ、古文書、美術工芸品など文化財が約5万点収蔵および展示されている。

展示設営風景

Related article

  • リボン、ボタンを精霊に見立てる、内藤礼の個展
    リボン、ボタンを精霊に見立てる、内藤礼の個展
  • 清澄ギャラリーコンプレックスがサイレントオークション
    清澄ギャラリーコンプレックスがサイレントオークション
  • ハイメ・アジョンが巨大なチェスボードを発表
    ハイメ・アジョンが巨大なチェスボードを発表
  • ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?
    ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?
  • 今週末見るべき映画「消えたフェルメールを探して」
    今週末見るべき映画「消えたフェルメールを探して」
  • 日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート
    日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 2
    新宿に新しい「場所」ブルックリン パーラーがオープン
  • 3
    ジャズ名盤講座第15回「アーゴ/カデット編」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 4
    ライトグレー無地の薄手スーツでタイを外す。
  • 5
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 6
    今週末見るべき映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」
  • 7
    「もの派」菅木志雄の個展|東京都現代美術館
  • 8
    1本の線から漂う絶妙な空気、HIMAAが京都で個展
  • 9
    最新のデザイン「Fx0」|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(1)
  • 10
    シャネル、メティエダールコレクション、その魅力と意義

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加