さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」

2015年 5月 18日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

その宝物殿で展示されるのは、写真作品、ショートムービーに加え、近年ホンマ氏が実験的なアプローチで取り組んでいるカメラオブスキュラで制作した写真でつくった襖、ホンマ氏のお題に対し、幼稚園児たちが描いたきのこの絵など。


中心的な作品となる写真作品は、宝満山に古来よりこの地の修験者が修行をしたと伝えられる、七つの窟「宝満七窟」の七という数字と修行にちなみ、月曜から日曜までの七日間、全ての曜日に季節を変え、宝満山登山をし、撮影した15点の作品からなる「七日間修行」(2014年)。


大判写真機や手持ちカメラ、ピンホールカメラなどで撮影された写真には、まさに修験者たちが見たであろう険しい山道の景色や、樹々のあいだから射す太陽の光など、存在として捉ええないものが映し出されている。特にきらめく光そのものを映し出した作品は、その光の中に、決してみることのできない神々の存在の気配が見えてくるようでどこか神々しい。それらの作品は”仙竈”や宝満山を拠点としていた刀鍛治 金剛兵衛の作となる”脇差”などといった宝満山由来の宝物とともに同じガラスケースの中に展示される。

Related article

  • メディアアートの祭典「サイバーアーツジャパン」
    メディアアートの祭典「サイバーアーツジャパン」
  • 近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
    近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
  • 和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • フィオナ・タン、都内初の大規模個展を開催
    フィオナ・タン、都内初の大規模個展を開催
  • 完璧に構成されたフレーミング。『田村彰英 夢の光』が開催中
    完璧に構成されたフレーミング。『田村彰英 夢の光』が開催中
  • ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    目指せ、旅上手。NY発トラベルストア「FLIGHT 001」へ
  • 2
    今週末見るべき映画「殯の森」
  • 3
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」
  • 4
    今週末見るべき映画「3人のアンヌ」
  • 5
    軽くコントロールできる「ダイソン ボール DC36」
  • 6
    クラスカに伊賀の「ギャラリーやまほん」が初出張中
  • 7
    ルパンも愛した「フィアット500」のニューモデル
  • 8
    ピエール・エルメ・パリ待望のフレーバー「アンヴィ」と新作
  • 9
    メルセデス・ベンツ、Gクラス特別仕様車
  • 10
    今週末見るべき映画「クリーン」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加