さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」

2015年 5月 18日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

本展のタイトル「見えないものを見る」は、ホンマ氏の写真との向き合いかた、世界の捉えかたそのものを表している。初期を代表する作品である「東京郊外」(1988年)から、今年春に発表した新作「VARIOUS COVERED AUTOMOBILES AND SNOW」(2015年)に至るまで、そこに一貫しているのは、実際にそこにあるのに、人々があまり見ようとはしてこなかったものに向けられたホンマ氏の実験的な精神に満ちたまなざしだ。写っているのは、誰もが見慣れた日常的な風景であるが、あらためて提示されると新たな発見に驚かされる新鮮なイメージでもある。

ホンマ氏の作品を通じて見えないものを見る体験は、神様がたたずむこの場所で、さらに根源的な深みをもって見る者の感覚に迫ってくるだろう。

ホンマタカシ氏


<展覧会情報>
太宰府天満宮アートプログラム vol.9
ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」
会期:開催中~平成27年8月30日(日)
開館時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館:月曜日(会期中7/20は開館)
観覧料:一般400円、高大生200円、小中生100円
会場:太宰府天満宮宝物殿第2第3展示室・竈門神社展望デッキ
Courtesy of TARO NASU
公式サイト

竈門神社 限定作品公開
2015年5月19日(火)~5月24日(日)
観覧時間:10:00~16:00
会場:竈門神社参集殿
内容:宝物殿で公開中の作品「カメラオブスキュラ 襖」の制作現場となった一間を6日間限定で再現、作品ができた過程を体験できる

文、撮影/加藤孝司

Related article

  • 原美術館「ホームアゲインーJapanを経験した10人のアーティスト」展開催
    原美術館「ホームアゲインーJapanを経験した10人のアーティスト」展開催
  • 「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」、開催中
    「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」、開催中
  • 終了間近、「アンディ・ウォーホル インスパイア展」
    終了間近、「アンディ・ウォーホル インスパイア展」
  • TDC20周年記念「33冊のブックと、77枚の絵はがき展」
    TDC20周年記念「33冊のブックと、77枚の絵はがき展」
  • 今週末見るべき映画「ポルトガル、ここに誕生す~ギマランイス歴史地区」
    今週末見るべき映画「ポルトガル、ここに誕生す~ギマランイス歴史地区」
  • フランス現代美術のエッジを見る「フレンチ・ウィンドウ」
    フランス現代美術のエッジを見る「フレンチ・ウィンドウ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 2
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 3
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 4
    「HIGASHIYA」10周年記念、“ひと口果子”第4弾が発売開始
  • 5
    イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリの一大個展
  • 6
    日本初公開、カート・コバーン生前最後の姿を撮影した写真展
  • 7
    夢のコラボ! 皆川 明インタビュー「不完全な美しさ」
  • 8
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 9
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 10
    伊勢丹新宿店でHIROSHI TSUBOUCHIのパターンオーダー会

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加