中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす

2015年 5月 26日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

演劇を嗜まない人でも、その名前は知っていたり、この作品だけは見たいと思っている人も多く、公演チケットは常にプレミア状態の「劇団☆新感線」。神話や歴史の世界を題材にした圧倒的に大きいスケールの物語を、派手な音楽やアクションで一層盛り上げるエンターテインメントは、ひととき現実を忘れさせてくれる。

劇団の座付き作家として30年書き続けてきた中島かずき氏は、いまや、劇団以外の公演やドラマや映画の脚本にも引っ張りだこの人気作家。最新作『五右衛門vs 轟天』を中心に、これまでの活動も振り返ってもらった。そこから、なぜ、いま、新感線が人気なのか、その秘密も見えてくる。

中島かずき氏

©2015『五右衛門vs轟天』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

-今回の『五右衛門vs轟天』はどういう作品ですか?

中島:「劇団☆新感線」が今年旗揚げ35周年なので、古田新太を主役にして劇団員中心の座組(最近、客演が中心になることが多い)でいきたいということから、どんなジャンルをやろうか考えたとき、“いのうえ歌舞伎”よりは音もの(ロックを中心にした作品)ネタもの(笑いを中心にした作品)寄りにしようということになり。

これまでネタものといえば、劇団主宰であるいのうえひでのりが演出だけでなく脚本も書いていたのですが、今回、なぜかぼくが書くことになりまして、とすればぼくのカードのなかでネタもの寄りというと“五右衛門”しかないんじゃないか? と思ったんです。さらにそこに、橋本じゅんの代表作の『轟天』シリーズを復活させて『五右衛門vs轟天』にしたらお祭り感も高まると考えてできた作品です。

-まさに「オールスターチャンピオンまつり」という感じですね。

中島:この場合のオールスターというのは新感線の過去の芝居に出てきたキャラクターのことなんですよ(笑)。五右衛門と轟天のふたりだけではなく、ほかの出演者の方々にも、過去に、新感線で演じた印象に残る役柄をやってもらいます。

-ほかにはどんな過去のキャラクターが出てくるのでしょうか?

中島:松雪泰子さんは『五右衛門ロック』(08)の真砂のお竜で、高田聖子はマローネ、池田成志さんは、『レッツゴー! 忍法帖』(03)のばってん不知火です。問題は、五右衛門と轟天の舞台設定が違うことで、五右衛門は安土桃山時代の人だし、轟天は現代の人なので、思いきって、轟天が五右衛門を倒すためにタイムスリップする話にしました。安土桃山時代が舞台になることで、“いのうえ歌舞伎”シリーズからもキャラクターが出てきますし、轟天も風魔忍者の子孫という設定だったから、ばってんをはじめとして『レッツゴー!忍法帖』のキャラクターも出てくると。

©2008『五右衛門ロック』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線/撮影:田中亜紀

Related article

  • 舞台「海をゆく者」
    舞台「海をゆく者」
  • Interview: ヤノベケンジ、ステンドグラス「Sun Child」
    Interview: ヤノベケンジ、ステンドグラス「Sun Child」
  • パリの街角vol.9『マーク・オークレ with シンスケ』
    パリの街角vol.9『マーク・オークレ with シンスケ』
  • 閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
    閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
  • パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
    パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
  • パリの街角vol.4『アリーグル。カトリーヌ・レヴィ with シンスケ』
    パリの街角vol.4『アリーグル。カトリーヌ・レヴィ with シンスケ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドの現代作家による「Awakening」
  • 2
    ミニマルな建築空間で味わうデザインキッチン|福岡に誕生
  • 3
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 4
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 5
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 6
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 7
    今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」
  • 8
    グラフィカルに食卓を装う はし袋
  • 9
    「私たちは関係性のなかで生きている」エルネスト・ネト インタビュー
  • 10
    ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加