ミニチュアフェイク和菓子の作家|森まゆみさん|インタビュー

2015年 5月 28日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

-華やかに見えるお菓子の世界ですが、苦労も多そうですね。

どんなに美しい和菓子でも、それを構成しているのは、餡や寒天、白玉などです。創作和菓子でも同じこと。餡を何種類も練ったり、白玉をずっと作り続けたりなど、和菓子は地味な仕事の積み重ね。それが辛いと感じたら、やっていけないのです。そういった理由で、技術を持っていながらも、和菓子職人の道をあきらめてしまった多くの後輩たちを見てきました。

-その後、フリーの和菓子職人として独立されたんですね。それと並行で、ミニチュアのフェイク和菓子を手がけるようになったきっかけは?

和菓子の購買層は基本的に女性が多いので、和菓子メーカーや和菓子店は女性の意見を取り入れたい。私はひとつの会社やブランドではなく、自分の意見やアイデア、技術が必要とされた時に、フレキシブルに対応できればいいなと思って、フリーランスの立場を選びました。現在は、友人の割烹料理店を手伝いながら、和菓子職人を続けています。

そして、ミニチュアのフェイク和菓子ですが、今までの自分のキャリアを生かした仕事で、なおかつ、まだ誰も手掛けていないことはないかと考えて生まれました(笑)。これも性格でしょうか、私はひとつのことが落ち着くと、次にやりたいと思うことが湧き出てくる。人には平等に24時間が与えられているじゃないですか。その24時間をどう使うかは自分の自由ですから。

転職は女性に限ったことではないけれど、今でも女性は結婚や出産、あるいはほかの理由で、せっかく手に職をつけて働いていたのに、その仕事を中断したり続けられないことがあると思うんです。それでも、自分の経験を活かして働きたければ、視点を変えて〝考えてみる″。復職したいと思っていても、以前の職場や職業に就けずにいる人の話をよく耳にします。もったいない。けれどあきらめることなく、自分の今までの経験と個性をうまく活かして働く方法は、きっとあるはず。

樹脂粘土製のミニチュアフェイク和菓子。本物の上生菓子を作る工程と同じにように1つ1つ手作りされる。西武百貨店池袋本店「ビー マイ ギフト コーナー」にて販売

-1個のサイズは1円玉より小さい。このサイズに至った経緯は?

まずは、よくフェイクスイーツとして作られているミニマカロンほどのサイズに作り、それからさらに小さくしていきました。最初はサイトで販売していたのですが、百貨店のコーナーに置いていただけることになった時に、バイヤーの方とサイズの話になり、まず、機械で作れないサイズまで小さくできれば、企業に簡単に真似されないよねということに。また「よし、どれだけ小さくできるか、やってみよう!」と、現在のサイズまで小さくなりました。

今のところ類似品の大量生産はありません。手作りするしかないので(笑)。そして、色や細部まで和菓子を再現できるのは和菓子職人としての経験によるものです。和菓子と一緒で季節感があり、インテリアとしての提案がメインですが、ピアスやストラップにもアレンジできるので女性に人気です。

Related article

  • ショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァンの世界
    ショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァンの世界
  • 世界最大のショコラの祭典、サロン・デュ・ショコラ 1/23より
    世界最大のショコラの祭典、サロン・デュ・ショコラ 1/23より
  • パリの街角vol.10『グレゴワール・マロ with シンスケ』
    パリの街角vol.10『グレゴワール・マロ with シンスケ』
  • 自然から料理を創造する異色の料理人、ミシェル・ブラス来日
    自然から料理を創造する異色の料理人、ミシェル・ブラス来日
  • ホテルニューオータニの中にEXECUTIVE HOUSE ZEN
    ホテルニューオータニの中にEXECUTIVE HOUSE ZEN
  • 夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち 展
    夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち 展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春の訪れを告げる、ロクシタン「ワイルドチェリーツリー」
  • 2
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • 3
    今週末開催|みんなで描くまちの未来「Future Catalysts PLATZ vol.1」
  • 4
    ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開
  • 5
    フォトギャラリー:BMW 最新コンセプト
  • 6
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • 7
    ルイーズ・キャンベルとロイヤル コペンのコラボ食器
  • 8
    クラフトビールの新しい楽しみ方、スプリングバレーブルワリー
  • 9
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 10
    必要な分だけ沸かせる湯沸かし器「Miito」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加