パリの街角vol.12『ヤズブキー with シンスケ』

2015年 6月 15日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

Coins de Paris par Shinsuke vol.12 Yazbukey
ゲスト:ヤズブキー


パレロワイアルとレアールの端っこ、証券取引場の間に挟まれるエリアは、ビジネス街の狭間に昔のパリの香りが残っている庶民的な場所。コキエール通りには、肉屋、八百屋、総菜屋、パン屋、カフェ等が並びこの地域の住民達や仕事人の腹を満たす通りとなっている。

それと交差するjean-jacques- Rouseau通り、そしてそこに突き抜けるギャラリーヴェロ・ドダは、正にパリらしい素敵なアーケードだ。

今回のゲストYazが暮らすのがそんなエリア。Yazは姉妹デュオで活躍するバッグ/アクセサリーデザイナー。パリとイスタンブールの両国を行き来し、クリエーションを続けるファンキーでチャーミングな女性。本人同様ピンナップガールのようなちょっとセクシーで可愛く、加えてユーモアのセンス抜群の作品は、時にカール・ラガーフェルドやオバマ大統領の顔をアクセサリーにしてしまうこともある。


そんな中やはり一番アイコニックなデザインが、唇や、口紅! ちょうどいま、コスメティックブランドのシュウ・ウエムラとのコラボレート商品がワールドワイドに展開され、日本でも見ることができる。


Yazのアパートももちろん彼女のテイストで満載。Yazbukeyブランドの代表的マテリアルはアクリル。その騙し絵暖炉があったかと思うと、ハイヒールのエレメントやボーイ・ジョージのポートレートが、コレクションされたバンビや、フォルナセッティ作品、さまざまなキャンドルの間で見え隠れしている。

Related article

  • 人気企画の続編「だまし絵II」展、まもなく終了
    人気企画の続編「だまし絵II」展、まもなく終了
  • メタフィス新作、ユニークな1人用の電気鍋など
    メタフィス新作、ユニークな1人用の電気鍋など
  • ミラノサローネ2010プレビュー、カルテルから吉岡徳仁新作
    ミラノサローネ2010プレビュー、カルテルから吉岡徳仁新作
  • 【トーク】ルネサンス三大巨匠編(5)/第一回ヘンタイ美術館
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(5)/第一回ヘンタイ美術館
  • デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
    デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
  • 19日からGEISAI大学 第3シーズンが開講
    19日からGEISAI大学 第3シーズンが開講

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Live Report :YJYが最先端アートイベント「MeCA」音楽プログラムステージ登場 - 2018.02.09 渋谷WWW
  • 2
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ新型CLSクラス
  • 3
    Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
  • 4
    六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
  • 5
    Interview:エドワード・バーバー氏・ジャパンクリエイティブ
  • 6
    世界初のリキッドメタル、オメガ「シーマスター」限定モデル
  • 7
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(1)
  • 8
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 9
    さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
  • 10
    冬の贈り物にぴったりの、スウェーデンの紅茶をどうぞ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加