今週末見るべき映画「画家モリゾ マネの描いた美女」

2015年 6月 12日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずいぶん前、パリのルーブル美術館やマドリードのプラド美術館に出かけた際、画家の卵らしい人たちが、あちこちで名画の模写をしていた。修復のために技術者を養成すると聞いていたが、カンバスをちょいと覗くと、どれも見事な模写だった。


「画家モリゾ マネの描いた美女」(ユナイテッド・シネマ配給、KADOKAWA配給協力)にも、冒頭で、ルーブル美術館での模写のシーンが出てくる。映画は1865年に始まるから、模写の歴史は、ずいぶん前からのことである。今年は、女流画家ベルト・モリゾの没後120周年になる。タイミングよく、このほどの公開となった。

ベルト・モリゾは、父親がパリの近郊県の知事で、裕福な家の育ちである。姉のエドマと姉妹そろって、絵を描いている。たしなみとしてはともかく、女性は結婚するもの、と決めつけられていた頃である。姉妹は、ルーブル美術館で、酷評されているが、すでに著名だった画家のマネに出会う。マネは、美貌のベルトに、モデルになってくれないかと依頼の手紙を書く。ベルトは断るが、マネは、ベルトの両親に直接、交渉する。ベルトはモデルを引き受けることになる。

Related article

  • 今週末見るべき映画「帰ってきたヒトラー」
    今週末見るべき映画「帰ってきたヒトラー」
  • 今週末見るべき映画「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男」
    今週末見るべき映画「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男」
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー【今週末見るべき映画】
    マンチェスター・バイ・ザ・シー【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」
    今週末見るべき映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」
  • 「第30回東京国際映画祭」閉幕ー東京グランプリは「グレイン」に
    「第30回東京国際映画祭」閉幕ー東京グランプリは「グレイン」に
  • 今週末見るべき映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
    今週末見るべき映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クラスカに伊賀の「ギャラリーやまほん」が初出張中
  • 2
    ルパンも愛した「フィアット500」のニューモデル
  • 3
    ピエール・エルメ・パリ待望のフレーバー「アンヴィ」と新作
  • 4
    メルセデス・ベンツ、Gクラス特別仕様車
  • 5
    今週末見るべき映画「クリーン」
  • 6
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 7
    リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
  • 8
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 9
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 10
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加