『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「しあわせはどこにある」

2015年 6月 12日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

よくあるパターンの話ではある。ありきたりの日常から一歩踏み出す。旅の目的のひとつだろう。ある事がきっかけで旅に出る、ということもある。ともあれ、ヘクターはロンドンから旅だっていく。
ヘクターを演じたサイモン・ペッグは、「タンタンの冒険」や、J・J・エイブラムス監督の「スター・トレック」などに出ている、どちらかと言えばコメディの似合う俳優。クララには、「ゴーン・ガール」で熱演したロザムンド・パイクが扮し、芸域の広さを見せる。脇を固める俳優が渋いけれど、豪華。トニ・コレット、クリストファー・プラマー、ジャン・レノ、ステラン・スカルスガルド、ヴェロニカ・フェレなど、少ない出番でも、存在感ある俳優ばかり。


ヘクターは、ちょいと子供みたいなところがある。夢想癖もある。診療室には、ユングとフロイトの人形に混ざって、タンタンまで置いてある。ラジコンの飛行機に熱中する。世間知らずのところもある。当然、波乱に満ちた旅になるはずだ。その通りになる。爆笑を誘うシーンも多いが、幸せとは?
人生とは?
と問いかけるような、シリアスなシーンも、数多く用意されている。これは、観客がヘクターとともに旅をして、ヘクターの幸せではない、自分自身の幸せについて、少しは考えてみては?
ということだろう。


旅先のヘクターは、幸せについてのいろいろな言葉を、ノートに書きためていく。「比較することは幸せを台無しにする」、「幸せとは金持ちになったり、偉くなったりすることだと考えている人が多い」、「人は幸せを未来にしか見ない」などなど。童話の「青い鳥」を引き合いに出すまでもなく、これは、幸せについて考えてみる、大人のための童話のような映画だろう。

Related article

  • 上映作品を発表、第13回 東京フィルメックス
    上映作品を発表、第13回 東京フィルメックス
  • 今週末見るべき映画「マイヤーリング」
    今週末見るべき映画「マイヤーリング」
  • 今週末見るべき映画「緑はよみがえる」
    今週末見るべき映画「緑はよみがえる」
  • 今週末見るべき映画「フラワーショウ!」
    今週末見るべき映画「フラワーショウ!」
  • ジャコメッティ 最後の肖像  【今週末見るべき映画】
    ジャコメッティ 最後の肖像  【今週末見るべき映画】
  • 常盤新平―遠いアメリカ―展
    常盤新平―遠いアメリカ―展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 2
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • 3
    今年最も行くべきエキシビション「the new market」
  • 4
    クルーズ新世紀(1)~船長インタビュー|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 5
    今週末見るべき映画「雪の轍(わだち)」
  • 6
    建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店
  • 7
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 8
    お家で作る、大人のためのアイスキャンディー
  • 9
    プジョーがブランド創業200周年、記念モデルも
  • 10
    歴代TTシリーズ最強の「アウディTTSクーペ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加