今週末見るべき映画「フレンチアルプスで起きたこと」

2015年 7月 3日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「フレンチアルプスで起きたこと」(マジック・アワー配給)は、冒頭、雪山にヴィヴァルディの「四季」の2曲目、「夏」が響き渡る。「夏」は、激しい夕立、嵐を予感する激しい音楽である。これが、なにか不吉な予感を覚え、引きつけられる。


フレンチアルプスにあるリゾート地。スキーを楽しむバカンス客で賑わっている。スウェーデンからやってきた4人家族がある。1日目は、家族そろって、スキーを楽しむ。2日目、見晴らしのいいテラスで、ランチを食べようとしていた時、爆発するような音が響き、雪崩が押し寄せてくる。これは、雪崩防止のための、人工的な雪崩である。ところが、予想以上に大きい雪崩となって、雪がテラスに押し寄せてくる。一瞬、みんなは、どのような反応を起こすか? 昨年の東京国際映画祭で、「ツーリスト」というタイトルで上映され、見た人たちから、たいへんおもしろい映画と聞いていた。「ツーリスト」は、スウェーデンでのタイトルで、インターナショナル・タイトルはフランス語で「フォース・マジュール」。「不可抗力」といったほどの意味だろう。


バカンスの2日目、人工とはいえ、大きな雪崩が押し寄せてくる。パパは、一瞬、子供をかばうような振りをするが、手袋と携帯電話を持って、まっさきに逃げ出してしまう。ママとふたりの子供は取り残される。雪崩は収まるが、テラスには雪の煙が立ちこめている。煙が薄らいでくる。パパが戻ってくる。家族の間に、気まずい雰囲気が漂う。映画は、バカンスの5日間、3日目に訪ねてきたカップルを交えて、この4人家族の行動、ことにパパとママがどのような言動をするかを、たっぷりの心理描写を交えて描いていく。

パパとママ、だから男性と女性の、突然の恐怖に対して取った行動や、そのときの意識、認識の相違がくっきりとなる。「男性のあなたなら、女性のあなたなら、どういう行動を取るのか?」と、観客に問いかけてくる映画である。なにより、設定のアイデアが秀逸。当方、男である。幸い、自然災害にしろ、いろんな事件、事故などの、切羽詰まった状況をいまだ経験したことがない。もし、命にかかわるような危険を感じた場合、理性的な行動を取ることは、まず出来ないのではないかと思う。

Related article

  • 今週末見るべき映画「理想の彼氏」
    今週末見るべき映画「理想の彼氏」
  • 今週末見るべき映画「歌謡曲だよ、人生は」
    今週末見るべき映画「歌謡曲だよ、人生は」
  • 今週末見るべき映画「四川のうた」
    今週末見るべき映画「四川のうた」
  • 今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー」
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー」
  • 映画監督外山文治短編作品集 【今週末見るべき映画】
    映画監督外山文治短編作品集 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「あぁ、結婚生活」
    今週末見るべき映画「あぁ、結婚生活」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • 2
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 3
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」
  • 4
    フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」インテリア
  • 5
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 6
    CLASKAによるバイリンガル東京ガイドブック
  • 7
    ノールのラグジュアリーなテキスタイル
  • 8
    マネキン型ロボット「Palette」、和光ショーウィンドウに出現
  • 9
    フォトギャラリー:「MINI クーパー コンバーチブル」
  • 10
    今週末見るべき映画「ブンミおじさんの森」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加