今週末見るべき映画「チャップリンからの贈りもの」

2015年 7月 17日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャールズ・チャップリンの亡くなったのは、1977年12月25日である。翌年の3月、スイスのローザンヌ郊外にあるチャップリンの墓から、遺体が盗まれる。実際にあった事件である。この事件にヒントを得ての映画が「チャップリンからの贈りもの」(ギャガ配給)で、もう全編、チャップリンへのオマージュ、チャップリン作品へのリスペクトに溢れた映画である。


舞台は、スイスのレマン湖のほとり、ヴヴェイという小さな町。昔、ジュネーブ側からレマン湖に立ち寄ったことがあるが、風光明媚、静かなたたずまいの美しい湖だった。移民でスイスに住みついた中年男がふたり、登場する。ひとりは、刑務所から出所したエディで、ベルギーからの移民。エディを出迎えるオスマンは、アルジェリアからの移民という設定だ。オスマンの妻は入院中で、幼い娘サミラと粗末な家に住んでいる。オスマンは、かつて世話になったエディのために、家の裏に、古びたトレーラーの家を用意してやる。


どちらも貧しい身分。金がいる。テレビで、チャップリン死去のニュースを見る。大変な財産を持っていることが分かる。エディが、あることを思いつく。「死んだ友達から金を借りよう。チャップリンは、放浪者の友達、移民の友達、貧乏人の友達。俺たち3人は友達だ。遺体を誘拐して、身代金を取ろう」と。

とんでもない話だが、犯罪は犯罪である。しかし、エディとオスマンは、根っからの悪人ではない。むしろ、ドジばかりのコンビで、まるで、チャップリンとバスター・キートンの出演した「ライムライト」の道化師と同様だ。身代金要求の方法や駆け引きが、まるでドジばかりで、うまくいかない。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ザ・マスター」
    今週末見るべき映画「ザ・マスター」
  • 今週末見るべき映画「預言者」
    今週末見るべき映画「預言者」
  • 今週末見るべき映画「グレート・ビューティー/追憶のローマ」
    今週末見るべき映画「グレート・ビューティー/追憶のローマ」
  • エル ELLE【今週末見るべき映画】
    エル ELLE【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「サード・パーソン」
    今週末見るべき映画「サード・パーソン」
  • 今週末見るべき映画「悪童日記」
    今週末見るべき映画「悪童日記」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトイメージングエキスポ2007
  • 2
    レイングッズだから楽しめるド派手カラーの雨の日アイテム
  • 3
    今週末見るべき映画「1001グラム ハカリしれない愛のこと」
  • 4
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • 5
    ドイツのデザイン家電が100台!ミーレのショールームが目黒に
  • 6
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
  • 7
    シュールに歪んだデビアス銀座が3/20オープン
  • 8
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 9
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 10
    2018年12月15日~2019年2月2日(土)Ahn Jun「One Life」展 CASE TOKYO

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加