Interview: 音楽プロデューサー・本間昭光氏|泰然自若のジーニアスが放つ才気煥発の極み

2015年 8月 5日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

いきものがかりを筆頭に、ポルノグラフィティ、浜崎あゆみ、広瀬香美など、錚々たるトップアーティストのプロデュースを手掛ける音楽プロデューサー・本間昭光氏。バンマス(バンドマスター)、キーボーディストとしての顔も併せ持つ同氏が、ステージ上で演奏する姿を幾度となく拝見したことがある。音楽と溶け合うような快然たるその様は、観る者の心を一瞬にして捉え、幕が下りる時まで掴んで離さない。彼の全身から溢れ出す楽しさが、ぬくもりを持って伝わってくるからだ。近年は、アーティストのプロデュースに加えて、ドラマやアニメ、舞台、ミュージカルなど、多岐に渡るジャンルで活躍中の本間氏。天才はいかにして作られたのか。その軌跡を追うべく、お話を伺ってきた。


#01.夢は、博物館学芸員。文化財に夢中だった少年時代


-幼少の頃からピアノに親しまれていたとお聞きしています。やはり生まれながらの音楽少年だったのですか?

いえいえ、実はそうでもないんです。僕が生まれたのは大阪・河内のど真ん中で、お世辞にも褒められた土地柄ではなかったんですね(笑)。そこにたったひとつ、私立の幼稚園がありました。親からすれば唯一の光だったわけです。とりあえず入れてみようという話になって、当初は園内のオルガン教室に通っていました。

その後、「せっかくだからピアノを習わせてみる?」と親同士が話したみたいで、安いものでしたが、ピアノを買ってくれました。当時は今みたいにピアノ教室があまりなくて、出張の先生が週に何回か自宅に来て、レッスンを受けるというスタイルでした。とはいえ、何か特別な音楽教育だったかといえばそうではなく、カリキュラムに沿ったいわゆる“おけいこ”的なものでしたね。

-小学校・中学校時代はどうでしたか?

小学校に入ってからもピアノのレッスンは続けていましたが、だんだんおもしろくなくなってきたんですね、これが(笑)。かたや周りの女の子たちは真面目に練習するもんだから、技術の差もどんどん開いていくし、やる気もどんどん失せて…、高学年の頃から中学生にかけては、音楽を聴く方が楽しかったですね。

ビートルズとかカーペンターズとか、音楽好きの親が買い集めた洋楽のレコードや、親戚のお姉ちゃんに勧められたレッドツェッペリンとか、色んなジャンルの音楽を聴いていました。でも、本当に興味があったのは、歴史や文化財の分野だったんです。小学校6年生の時に文集に書きますよね、将来の夢を。スポーツ選手とか弁護士とか、みんなは華々しい夢を描いているのに、僕だけ地味な「博物館学芸員」でした(笑)。

Related article

  • 「アリュール 内なる輝き〜スザンヌ フォン マイス コレクション」
    「アリュール 内なる輝き〜スザンヌ フォン マイス コレクション」
  • 20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
    20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
  • Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
    Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
  • 今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 今週末見るべき映画「めぐり逢わせのお弁当」
    今週末見るべき映画「めぐり逢わせのお弁当」
  • 「西野達 別名 大津達 別名 西野達郎 別名 西野竜郎」出版記念展
    「西野達 別名 大津達 別名 西野達郎 別名 西野竜郎」出版記念展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 2
    六本木ヒルズ・けやき坂通りに、イタリアン餃子の店
  • 3
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
  • 4
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 5
    「ほぼ日」の3日間限定。7の食堂、20のショップが集うイベント in 六本木ヒルズ
  • 6
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加