今週末見るべき映画「さよなら、人類」

2015年 8月 7日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で、「実存を省みる枝の上の鳩」というタイトルで上映された「さよなら、人類」(ビターズ・エンド配給)は、公開を待ちわびていた一本である。映画祭で見た20数本のなかで、傑出した面白さであった。


スウェーデンのロイ・アンダーソン監督は、2007年に公開された前作「愛おしき隣人」に続いて、この「さよなら、人類」でも、愚かではあるが愛おしい人間たちの、生きてあることの哀しみ、哀れさ、辛さ、おかしさを、さまざまな状況設定から、手を変え、品を変え、綴っていく。

約50ほどのエピソードで構成された「愛おしき隣人」では、冒頭に、ゲーテの「ローマ悲歌」が引用される。「命ある者よ 逃げようとするお前の足を 忘却の川が濡らすまで 暖かな寝床を楽しむがよい」。勝手な解釈だが、イタリア旅行から戻ったゲーテが、「人間、命が尽きるまで、人生を楽しみなさい」と言っているように思う。「愛おしき隣人」は、まさにその通りで、人間というものは、いつ、どうなるか分からない。よし、と思っての行動が裏目裏目にでる。他人などは、まして、信じられない。そのようなエピソードがどっさり。明確なストーリーラインはないけれど、エピソードの繋がりがほどほどに存在し、計算され尽くした編集を感じさせる。爆撃機襲来の夢を見る男。太った女が男に「消えてくれ」と叫ぶ。男に跨る女はセックスに夢中だが、男はファンドの目減りを嘆いている。教会で祈る女は、真実を隠す政府、情報を勝手に操作するマスコミを糾弾する。

Ranking

  • 1
    Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
  • 2
    本棚の奥から現れるハワイのとっておきの隠れ家「ザ モダン ホノルル」
  • 3
    美しき「可変性」、ジャン=ミシェル オトニエル個展
  • 4
    今週末見るべき映画「ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」
  • 5
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
  • 6
    ウィンザーチェアの魅力を再考する展覧会
  • 7
    限定リリース! ホーウィンレザー製ニューバランス
  • 8
    大人可愛い、テーブル&キッチンウェア/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(1)
  • 9
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 10
    クライスラー、全国50台限定「ラングラー マウンテン」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加