今週末見るべき映画「ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏」

2015年 9月 18日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ありきたりのドラマや、フィクションより、現実に起こった事件のほうが、はるかにドラマチックである。イギリスの映画作家ニック・リードが撮影、監督し、イギリスのジャーナリスト、マーク・フランチェッティが製作、共同監督したドキュメンタリー映画「ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏」(東北新社配給)は、まるで「事実は小説より奇なり」の見本のよう。由緒あるバレエ団の歴史、名だたるバレエの練習風景や実写のステージとともに、つい最近起こった、ある事件の顛末が語られる。


音楽や文学、絵画、映画、バレエなどなど、ロシアという国は、芸術上の多くの優れた作品、人物を生み出してきた。一方、政治的には、やたらスキャンダルが聞こえてくる。イギリスに亡命した元KGBのスパイが、放射性物質で殺されたり、つい最近でも、いまの大統領プーチンの政敵が射殺されたりの事件があった。せめて、バレエの世界では、こういったことのがないように思うが、そうはいかない。2013年の1月、世界的に有名な、ボリショイ・バレエ団の芸術監督セルゲイ・フィーリンが、何者かによって、顔に硫酸を浴びせかけられた。大火傷を負い、失明の可能性があった。ほどなく、バレエ団のソリスト、パーヴェル・ドミトリチェンコが逮捕される。独裁的なフィーリンのキャスティングが、原因のひとつらしい。フィーリンの教え子の女性ダンサーがいる。肥りすぎが原因で、いい役、主役が与えられない。ドミトリチェンコは、そのダンサーの恋人で、フィーリン襲撃を指示、依頼したという。ドミトリチェンコは、組合のリーダーであり、若いダンサーから慕われている。

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    ハイアット リージェンシー 東京で、クリスマスケーキを
  • 3
    ポルシェ限定モデル「911 ブラックエディション」
  • 4
    アートブックが集結「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2010」
  • 5
    デンマークから到着、おしゃれ「トイレインテリア」
  • 6
    フォトギャラリー:Kartell ミラノサローネ2010新作
  • 7
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
  • 8
    世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
  • 9
    戦略的な非日常。マセラティ ギブリ
  • 10
    1粒3,000円、限定100個の黒トリュフ入りショコラ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加