第28回東京国際映画祭開幕!

2015年 10月 23日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も「東京国際映画祭」が開幕する。第28回となる今年は、10月22日(木)から31日(土)までの10日間。会場は、いつもの六本木ヒルズに、新宿が加わる。例年、その規模が大きくなっているようだが、肝心の映画の中身、規模は、ほぼ例年通りではと思われる。思わぬ傑作に出会えることもあるが、なぜこの程度の作品が東京国際映画祭に、と思えたこともあった。


世界じゅうから1400本を超える作品から選ばれたコンペティション作品は16本。うち、日本の絡んだ作品が3本ある。審査委員が豪華メンバーである。委員長にブライアン・シンガー、以下、トラン・アン・ユン、ベント・ハーメル、サンサン・シー、スサンネ・ビア、大森一樹の合計6名。ともあれ、駆け足だが、ざっと16作品を紹介する。

フランスの人気コメディアン、ケイロン監督の「スリー・オブ・アス」。イランで投獄された男が、妻とともにパリに向かおうとする。監督の父親の体験に基づく実話である。

アメリカのジャズ・トランペッター、チェット・ベイカーの苦闘時代を描くのは、ロベール・ブドロー監督の「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」。チェット・ベイカーに扮するのはイーサン・ホーク。

「カランダールの雪」は、トルコ、ハンガリーの合作。監督はドキュメンタリー畑出身のムスタファ・カラ。山の頂上近くで暮らす家族の父親が、一攫千金を夢みる。

家族の映画

「家族の映画」は、家族の脆さ、危うさを描くが、後半には驚くべき展開が待ち受けている。チェコ、ドイツ、スロベニア、フランス、スロバキア合作、監督はまだ若いオルモ・オメルズ。

「FOUJITA」は、日本とフランスの合作で、小栗康平監督の10年ぶりの新作。画家、藤田嗣治の半生から、浮かび上がることとは。藤田に扮するオダギリジョーが、藤田にそっくりと話題を呼んでいる。

日本の中村義洋監督の「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」は、竹内結子主演のホラー。かなり恐い映画のよう。

オランダ、クロアチアの合作が「フル・コンタクト」。ドローン殺戮のトラウマに悩む男に扮するのはグレゴワール・コラン。監督はデビッド・ヴァービーク。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ボヴァリー夫人とパン屋」
    今週末見るべき映画「ボヴァリー夫人とパン屋」
  • パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち【今週末見るべき映画】
    パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち【今週末見るべき映画】
  • コンペティション9作品の授賞式-第13回東京フィルメックス 
    コンペティション9作品の授賞式-第13回東京フィルメックス 
  • デヴィッド・リンチ:アートライフ 【今週末見るべき映画】
    デヴィッド・リンチ:アートライフ 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「鑑定士と顔のない依頼人」
    今週末見るべき映画「鑑定士と顔のない依頼人」
  • 今週末見るべき映画「恋するリベラーチェ」
    今週末見るべき映画「恋するリベラーチェ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 2
    フォトギャラリー:空気の器 ワークショップ
  • 3
    20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
  • 4
    夏の銀座でジャパンカルチャーを楽しむ 『銀座三越 アート&クリエーション』
  • 5
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(1)
  • 6
    1+1の贅沢。ジャガーF-TYPE Coupé
  • 7
    フィン・ユールの北欧家具とその作り手—特別展が名古屋で
  • 8
    エレクトロラックスが選んだ、未来のキッチン
  • 9
    素のままが美しい-メトロクスでアンジェロ・マンジャロッティの家具が復刻
  • 10
    暮らしをより豊かに、人生を変える一杯のコーヒー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加