今週末見るべき映画「第16回東京フィルメックス開幕」​

2015年 11月 16日 15:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京フィルメックスは、毎年毎年、映画作家の個性にあふれた、良質の作品が並ぶ映画祭だ。数えて16回目の今年は、11月21日(土)から29日(日)までで、コンペティション作品、特別招待作品、特集上映に、意欲的な作品がズラリ。映画マニアにとっては、晩秋の楽しみのひとつになっている。主な会場は、有楽町朝日ホールと、TOHOシネマズ日劇。また、ツァイ・ミンリャン監督の特集上映は、有楽町スバル座となる。


アジアの新進作家たちが、2015年に製作したなかから選んだコンペティション作品は、10本。「いずれも、作り手のゆるぎない覚悟、想いが伝わる」と言う林加奈子ディレクターは、「さまざまな表現で、映画の未来を示す」と付け加える。ざっと紹介しよう。

「わたしの坊や」は、カザフスタンの女性監督、ジャンナ・イサバエヴァの6作目になる。5歳で、母親を事故で亡くした少年がいる。少年自身もまた、14歳で手術をしなければ、余命いくばくもないことを知る。少年は、恨みを持つ者への復讐を企てる。この復讐に、果たして、意味はあるのか。

「白い光の闇」は、スリランカのヴィムクティ・ジャヤスンダラ監督。若い僧、過激な学生、臓器売買の男、昼と夜の顔を使い分ける医者らが登場し、複数の物語が展開する。監督の生と死についての考察が、余裕たっぷり、コミカルに描かれる。

「黒い雌鳥」は、ネパール、フランス、ドイツの合作。ネパール作品は、東京フィルメックス初登場となる。監督は、これが長編デビューとなるミン・バハドゥール・バム。舞台は2001年、内戦下のネパールの小さな村。カースト制度を超えた友情で結ばれた少年ふたりが、行方不明の雌鳥を探す旅に出るが、やがて、戦争の悲惨さに巻き込まれていく。

「消失点」は、タイのジャッカワーン・ニンタムロン監督の長編デビュー作。殺人事件を追うジャーナリストと、若い女性と不倫中のモーテルのオーナーが登場、ふたつのストーリーが微妙に交錯し、思いがけない展開となる。

Related article

  • 今週末見るべき映画 「ヘアスプレー」
    今週末見るべき映画 「ヘアスプレー」
  • 今週末見るべき映画「教授のおかしな妄想殺人」
    今週末見るべき映画「教授のおかしな妄想殺人」
  • 大ヒット上映中「セックス・アンド・ザ・シティ」
    大ヒット上映中「セックス・アンド・ザ・シティ」
  • 今週末見るべき映画「ルイーサ」
    今週末見るべき映画「ルイーサ」
  • 今週末見るべき映画「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」
    今週末見るべき映画「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」
  • 今週末見るべき映画「聖者の午後」
    今週末見るべき映画「聖者の午後」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2日は「ピエール・エルメ・パリ」の初売り限定福袋
  • 2
    今週末見るべき映画「母よ、」
  • 3
    ブリーカー コレクション/コーチ、洗練のメンズアイテム(2)
  • 4
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 5
    赤い美容成分配合の エフ キューブ アイ12
  • 6
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 7
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ヘネシー×フューチュラの数量限定アートボトルが発売
  • 10
    メッセージ 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加