今週末見るべき映画「放浪の画家 ピロスマニ」

2015年 11月 20日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

実に37年ぶりに、グルジアのギオルギ・シェンゲラヤ監督の「放浪の画家 ピロスマニ」(パイオニア映画シネマデスク配給)がリバイバル公開される。全編ピロスマニの描いた絵のような映画。映画の構図そのものが、ピロスマニの絵である。敬愛する小栗康平監督の「見ること、在ること」(平凡社)というエッセイ集に、ピロスマニについて書いた一節がある。「・・・ニコ・ピロスマニという放浪の画家を描いた作品である。無防備なまでに素直で、純真なひとりの画家が、いかにグルジアという風土を一身に浴びて生きていたか、私は目が醒める思いだった。ある人間の表情が、歴史といってもいい、民族といってもいい、そうした大きなものに連なっていくということを、私は見せられた。ふだんは見ることができない、その時代にかくれている感情が、ゆっくりとうねるように現れてくる。その現れように、ゲオルギー(原文まま)という作家の表現があった。・・・」ほぼ完璧なまでに、この映画の核心を語り尽くしていると思う。


手元に、もう一冊、「放浪の聖画家 ピロスマニ」(はらだたけひで 集英社)という本がある。グルジアという国、ピロスマニという画家との出会いから、著者のグルジアへの愛、ピロスマニへの愛を、ピロスマニの描いた絵を介して綴っていく。著者のグルジア、ピロスマニへの敬愛ぶりがストレートに伝わってくる好著である。なにより、この本には、ピロスマニの描いた絵が、多く収録されている。酒場の看板から、人物、動物、風景、宗教画など、小品から、左右が5メートルを超える大作まで、ピロスマニという画家が、どのような画家だったのかが俯瞰できる。

Related article

  • 今週末見るべき映画「セッション」
    今週末見るべき映画「セッション」
  • 今週末見るべき映画「パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ」
    今週末見るべき映画「パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ」
  • 今週末見るべき映画「レッドクリフ PartI」
    今週末見るべき映画「レッドクリフ PartI」
  • Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 今週末見るべき映画「コン・ティキ」
    今週末見るべき映画「コン・ティキ」
  • 今週末見るべき映画「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」
    今週末見るべき映画「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
  • 2
    本棚の奥から現れるハワイのとっておきの隠れ家「ザ モダン ホノルル」
  • 3
    美しき「可変性」、ジャン=ミシェル オトニエル個展
  • 4
    今週末見るべき映画「ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」
  • 5
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
  • 6
    ウィンザーチェアの魅力を再考する展覧会
  • 7
    限定リリース! ホーウィンレザー製ニューバランス
  • 8
    大人可愛い、テーブル&キッチンウェア/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(1)
  • 9
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 10
    クライスラー、全国50台限定「ラングラー マウンテン」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加