『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「消えた声が、その名を呼ぶ」

2015年 12月 25日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

誠に雄大なスケールの映画である。「消えた声が、その名を呼ぶ」(ビターズ・エンド配給)は、1915年のオスマン・トルコを舞台にドラマが始まる。アルメニア人の鍛冶職人ナザレットは、強制連行され、重労働のさなか、処刑で喉を切られる。処刑人の躊躇で、なんとか一命をとりとめるが、声を失う。ナザレットは、トルコの砂漠をさまよい、アルメニア人たちの強制収容所からシリアまで、生き延びる。離ればなれになった双子の娘たちが生きていることが分かる。ナザレットは、娘たちに再会するために、シリアからレバノン、さらにキューバに渡り、アメリカのミネアポリス、ノースダコタと、8年におよぶ旅をすることになる。


映画の背景が史実に基づいている。1915年ころ、オスマン・トルコで、100万人とも150万人ともいわれているアルメニア人が虐殺される。12年ほど前、アルメニアから亡命した両親を持つアトム・エゴヤン監督が「アララトの聖母」という映画を撮った。劇中、アルメニア人虐殺を描いた映画を撮ろうとする映画監督が登場する。虐殺で母を無くした画家ゴーキーのエピソードを映画に挿入するため、監督は、ゴーキーの研究者を訪ねたりする。実に重層的に、アルメニア人虐殺の真実に迫った映画だったように思う。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ル・アーヴルの靴みがき」
    今週末見るべき映画「ル・アーヴルの靴みがき」
  • 今週末見るべき映画「セッション」
    今週末見るべき映画「セッション」
  • ありがとう、トニ・エルドマン【今週末見るべき映画】
    ありがとう、トニ・エルドマン【今週末見るべき映画】
  • 午後8時の訪問者 【今週末見るべき映画】
    午後8時の訪問者 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」
    今週末見るべき映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」
  • 今週末見るべき映画「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」
    今週末見るべき映画「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コール ハーン「ルナグランドウィングチップ」の新作カラーを発売
  • 2
    出発からシドニーへ|疾走オーストラリア、9000kmの旅#01
  • 3
    帽子デザイナー 平田暁夫の偉大さを知っているか
  • 4
    日本初の期間限定エンタメ&レストラン「ルナ・レガーロ」
  • 5
    コンランショップ初のアウトレットがオープン
  • 6
    オーキッド(蘭)が香る、LOVEが重なり合う - カルティエ2011新作ジュエリー
  • 7
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 8
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 9
    初のAMG専用モデル 「メルセデス・ベンツ SLS AMG」
  • 10
    今回はどこ?日本のどこかで数日だけオープンする、野外レストラン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加