今週末見るべき映画「ビューティー・インサイド」

2016年 1月 21日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランツ・カフカの小説「変身」では、主人公のグレゴール・ザムザが、ある朝、目覚めると、虫のような大きな生物になっていた。具体的に、どのような生物かは描かれていないが、ともかく、人間が虫に変身する。ダニエル・キイスは、ひとりの男のなかに24人の人格を持つという「24人のビリー・ミリガン」を書いた。韓国の映画「ビューティー・インサイド」(ギャガ・プラス配給)は、18歳の男性ウジンが、ある日、まったく異なる人物に変身する。初めは、やや小太りの若者。以降、朝、目覚めるたびに、見かけが全く異なる人間に変身する。老若男女を問わず、外国人にも。まるで、「変身」と「24人のビリー・ミリガン」が交差したような映画である。雰囲気は、ファンタジー、ラブ・ストーリーと思うが、これがなかなか、うまく作られている。奇想天外だが、リアリティたっぷり。軽快で、早いテンポの語り口が、ぐいぐいと観客を牽引していく。


29歳の男性ウジンを演じるのは、計123人。主な役どころだけでも21名のウジンが登場する。原案がある。2012年、カンヌで開催されたライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルという広告関係のイベントで、多くの賞を受けた40分ほどの映像「The Beauty Inside」である。作ったのは東芝とインテル。主人公のアレックスという男性の姿が、毎日、変わるという設定だ。なるほど。おもしろいアイデアと思う。


ウジンの秘密を知っているのは、母親と、小さいときからの親友のみ。ウジンは家具のデザイナーで、工房にこもったままで、仕事が出来る。受注などはインターネットさえあれば、事足りる。ウジンは、ハンサムな男性で目覚めた日に、日頃よく出かけているアンティークの家具店で、店員をしているイスという美女を見初める。また別の日、さらに甘いマスクの美青年で目覚めたウジンは、丁寧に、柔らかな物腰でイスを誘う。デイトに成功するが、眠ってしまうと、別のウジンになってしまう。ウジンは、イスと別れた夜、眠らない決心をする。

Related article

  • 今週末見るべき映画Part 2 「アルマジロ」
    今週末見るべき映画Part 2 「アルマジロ」
  • アンコール!アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016【今週末見るべき映画】
    アンコール!アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画 「ミリキタニの猫」
    今週末見るべき映画 「ミリキタニの猫」
  • 今週末見るべき映画「人生スイッチ」
    今週末見るべき映画「人生スイッチ」
  • セレブリティ100人が証言する、女流写真家のドキュメンタリー
    セレブリティ100人が証言する、女流写真家のドキュメンタリー
  • 特別上映は、中村登とフランスのジャン・グレミヨン―第14回東京フィルメックス
    特別上映は、中村登とフランスのジャン・グレミヨン―第14回東京フィルメックス

Prev & Next

Ranking

  • 1
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 4
    伊勢丹新宿店でHIROSHI TSUBOUCHIのパターンオーダー会
  • 5
    Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
  • 6
    仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール
  • 7
    キヤノン、「ミラノサローネ」出展の映像作品エキシビション
  • 8
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 9
    パリの素敵な生活雑貨—メゾン・エ・オブジェ2013秋から
  • 10
    ジャン・コクトーの自邸公開、カルティエを愛した詩人

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加