『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「ビューティー・インサイド」

2016年 1月 21日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランツ・カフカの小説「変身」では、主人公のグレゴール・ザムザが、ある朝、目覚めると、虫のような大きな生物になっていた。具体的に、どのような生物かは描かれていないが、ともかく、人間が虫に変身する。ダニエル・キイスは、ひとりの男のなかに24人の人格を持つという「24人のビリー・ミリガン」を書いた。韓国の映画「ビューティー・インサイド」(ギャガ・プラス配給)は、18歳の男性ウジンが、ある日、まったく異なる人物に変身する。初めは、やや小太りの若者。以降、朝、目覚めるたびに、見かけが全く異なる人間に変身する。老若男女を問わず、外国人にも。まるで、「変身」と「24人のビリー・ミリガン」が交差したような映画である。雰囲気は、ファンタジー、ラブ・ストーリーと思うが、これがなかなか、うまく作られている。奇想天外だが、リアリティたっぷり。軽快で、早いテンポの語り口が、ぐいぐいと観客を牽引していく。


29歳の男性ウジンを演じるのは、計123人。主な役どころだけでも21名のウジンが登場する。原案がある。2012年、カンヌで開催されたライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルという広告関係のイベントで、多くの賞を受けた40分ほどの映像「The Beauty Inside」である。作ったのは東芝とインテル。主人公のアレックスという男性の姿が、毎日、変わるという設定だ。なるほど。おもしろいアイデアと思う。


ウジンの秘密を知っているのは、母親と、小さいときからの親友のみ。ウジンは家具のデザイナーで、工房にこもったままで、仕事が出来る。受注などはインターネットさえあれば、事足りる。ウジンは、ハンサムな男性で目覚めた日に、日頃よく出かけているアンティークの家具店で、店員をしているイスという美女を見初める。また別の日、さらに甘いマスクの美青年で目覚めたウジンは、丁寧に、柔らかな物腰でイスを誘う。デイトに成功するが、眠ってしまうと、別のウジンになってしまう。ウジンは、イスと別れた夜、眠らない決心をする。

Related article

  • カルチャーと人生を考える、『タイピスト!meets PASS THE BATON』
    カルチャーと人生を考える、『タイピスト!meets PASS THE BATON』
  • 今週末見るべき映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
    今週末見るべき映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
  • 今週末見るべき映画「罪の手ざわり」
    今週末見るべき映画「罪の手ざわり」
  • 今週末見るべき映画「GONZO」
    今週末見るべき映画「GONZO」
  • 今週末見るべき映画「アクトレス 女たちの舞台」
    今週末見るべき映画「アクトレス 女たちの舞台」
  • メッセージ 【今週末見るべき映画】
    メッセージ 【今週末見るべき映画】

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 2
    デザインマイアミ/バーゼル2010 詳細レポート
  • 3
    大人のためのあみぐるみ。タカモリ・トモコさんインタビュー。
  • 4
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 5
    新型グランツーリスモ「フェラーリ・カリフォルニア」価格発表
  • 6
    アラン・デュカスの“パリのお気に入り”が体験できる1週間
  • 7
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 9
    ジャズ名盤講座第18回「リバーサイド編 Part1」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    #番外編|パーク ハイアット 東京、その謎

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加