Interview:女優・吉本実憂|次世代を担う若き女優の魅力 Supported by Bose

2016年 1月 29日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画やドラマ、CMなどで活躍し、幅広い層のファンを獲得している人気の若手女優吉本実憂さん。2012年の第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞以来、女優としての才能をメキメキと発揮。次々と注目作や話題作のヒロインに抜擢される今最も注目される若手女優である。
普段の生活では音楽やダンスを楽しんでいるという吉本実憂さんに、お仕事やプライベート、音楽の楽しみ方、今後の目標についてたっぷりとお話をうかがった。

「デビュー」編
「お芝居」編
「プライベート」編
「吉本実憂さんとBose」編
「抱負」編

#01.デビューのきっかけ


-全日本国民的美少女コンテストへの応募のきっかけを教えてください。

その当時所属していたプロダクションの方に応募を薦められたのがきっかけでした。生まれが福岡でプロダクションに所属していたのですが、その時はそれほど積極的に活動はしていませんでした。というのもこれはプロダクションに入るきっかけでもあったのですが、小さな頃から人見知りが激しくてそれを直しなさいと母に言われて、自分でもダメもとで応募したんです。それで一生懸命頑張ってオーディションを受けました。ですが自分自身まさか本選まで行くとも思っていなかったですし、ましてやグランプリをいただけるとは夢にも思っていませんでした。

-グランプリを受賞した時はどう思われましたか?

本当に信じられない気持ちでした。頭の中が真っ白になるとはこのことなんだ!と思いました(笑)。

-最初から女優さんを目指していたのですか。

最初はそうでもありませんでした。もともとは小さな頃からダンスが好きで、いつも好きなアーティストさんの真似をして踊ったりしていました。

-本格的に女優を目指すようになったのはいつの頃からでしょうか。

音楽が好きで聴いたりダンスをしたりということはあったのですが、全日本国民的美少女コンテストでグランプリをいただいて、レッスンをしていくうちにこの先ずっとお芝居をやっていきたい!と思うようになりました。


-グランプリを受賞する前と後とでは気持ちの変化はありましたか。

一番変わったのは、引っ込み思案で人見知りだった性格から、自分の意見が言えるようになったことです。今もそうですが、いつも自信がなかったのです‥‥。それまではネガティブに周りを気にしてしまうことが多く、レッスンも自分より年上の方の中にいて、人見知りの性格が邪魔をして、先生に質問や意見を言うことすらできませんでした。最近はそれがだんだん出来るようになってきましたし、自分が考えていることを心の中で思っているだけではなくて、言葉にして言えるようになってきたと思います。

-そのように変わることができたきっかけはなんだったのでしょうか?

それはレッスンでした。最初の頃は週に7日レッスンを受けていました。来る日も来る日も学んでいるうちに、もっと上手にお芝居ができるようになりたいと思うと同時に、これから自分はお芝居をしていくんだという自覚が芽生えてきました。そこからこの仕事に対する思いも変わってきました。

-当時のそんな自分を支えていた夢や大切にしていたことはありましたか?

はい。これは誰に言うものでもなく自分の中に思っていることなのですが、「一つのお仕事に一つの挑戦」ということを大切にしています。それは先生の問いかけに対して大きな声で返事をするといったほんの小さなことでもよくて、最初の頃はそれすらも出来ませんでした。当時は目標を作れるような余裕もなくて、目標や夢ってなんだろう‥‥そんなレベルだったんです。

Related article

  • 「フラットな白い空間」 デザインタイド トーキョーの会場
    「フラットな白い空間」 デザインタイド トーキョーの会場
  • Interview:「エスタブリッシュド&サンズ」セバスチャン・ロング
    Interview:「エスタブリッシュド&サンズ」セバスチャン・ロング
  • 鎧塚俊彦インタビュー 「スイーツへの想い」
    鎧塚俊彦インタビュー 「スイーツへの想い」
  • バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」
    Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」
  • パリの街角vol.1『モンマルトルの丘で。島田順子、KYOKO親子withシンスケ』
    パリの街角vol.1『モンマルトルの丘で。島田順子、KYOKO親子withシンスケ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 2
    ダイソンの新製品は、蛇口と一体型の「ハンドドライヤー」です
  • 3
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • 4
    表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
  • 5
    ブレンダンとケルズの秘密 【今週末見るべき映画】
  • 6
    今週末見るべき映画「ダラス・バイヤーズクラブ」
  • 7
    おなじみの渋谷駅が安藤建築に(1)
  • 8
    うわさの詩人、菅原敏とは!?
  • 9
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 10
    華麗なる「TOYOTA 2000GT」ボンドカー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加